エリサベト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エリサベツから転送)
移動: 案内検索
エリサベトとマリア

エリサベトギリシア語Ἐλισάβετ, ヘブライ語אֱלִישֶׁבַע / אֱלִישָׁבַע, 英語:Elizabeth, ドイツ語:Elisabet)は、新約聖書の登場人物で、バプテスマのヨハネの母。名前はヘブライ語エリシェバギリシア語に転訛したもので、エリザベス(英語)、エリザベート、エリーザベト(フランス語、ドイツ語など)といったキリスト教圏でポピュラーな女性名の由来である。エリシェバのエリはヘブライ語で「わが神」、シェバは「誓い」「維持」を意味し、エリシェバとは「わが神はわが誓い」「わが神はわが支え」という意味になる。

エリサベト新共同訳聖書に基づく表記で、他の聖書の表記にはエリサベツ(文語訳口語訳新改訳)、エリサワェタ(正教会訳)などがある。

生涯[編集]

祭司ザカリアの妻で、夫と共に忠実に律法を守っていた[1]。ザカリアと結婚してから長い間不妊であったが、高齢になってから妊娠して、ヨハネを生んだ。イエスの母マリアとは親類の関係である。マリアが受胎告知を受けたエリサベトを訪問した時に、エリサベトは聖霊によって、祝福の言葉を述べた[2]

脚注[編集]

  1. ^ ルカによる福音書1章6節-25節
  2. ^ ルカによる福音書1章36節、39節-45節

参考文献[編集]

  • 「新聖書辞典」いのちのことば社、1985年

参照項目[編集]