エリサベツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリサベツとマリヤ

エリサベツギリシア語Ἐλισάβετ, ヘブライ語אֱלִישֶׁבַע / אֱלִישָׁבַע, 英語:Elizabeth, ドイツ語:Elisabet)は、新約聖書の登場人物で、バプテスマのヨハネの母。エリサベトとも。名前はヘブライ語エリシェバギリシア語に転訛したもので、エリザベス(英語)、エリザベート、エリーザベト(フランス語、ドイツ語など)といったキリスト教圏でポピュラーな女性名の由来である。

生涯[編集]

祭司ザカリヤの妻で、夫と共に忠実に律法を守っていた[1]。ザカリヤと結婚してから長い間不妊であったが、高齢になってから妊娠して、ヨハネを生んだ。イエスの母マリアとは親類の関係である。マリアが受胎告知を受けたエリサベツを訪問した時に、エリサベツは聖霊によって、祝福の言葉を述べた[2]

脚注[編集]

  1. ^ ルカの福音書1章6節-25節
  2. ^ ルカの福音書1章36節、39節-45節

参考文献[編集]

  • 「新聖書辞典」いのちのことば社、1985年

参照項目[編集]

執筆の途中です この項目「エリサベツ」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。