カナ (聖書)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Historical Atlas (1923年)では、カナはガリラヤ中央に置かれている。

カナ(英語:Cana)は新約聖書に登場するガリラヤ地方の町の地名である。

旧約聖書には、アシェル族の町にカナがある。これは、ツロの南東10kmにある現在のカーナである。

以前は、ナザレの北北東6kmのケフル・ケンナがカナと考えられていたが、現在はナザレの北14kmのキルベト・カーナの遺跡であると主張する人が多い。

婚礼に招かれたイエス・キリストが水をぶどう酒に変えたカナの婚宴の地として有名である。また。カペナウムの役人に対して息子の癒しを宣言された場所である。また、キリストの十二弟子の一人のナタナエルの出身地であった。

参考文献[編集]