コラジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリーブ油の圧搾所
シナゴーグ

コラジン(英語:Chorazin)は新約聖書に登場するガリラヤの町の一つである。今日の大規模な廃墟キルベト・ケラゼであると同定される。

コラジンでイエスは伝道活動をしたが、この町の人々は、イエス・キリストを通してなされた奇跡的な働きを体験し、また福音に接したが、真の信仰には至らなかった。

そのためにベツサイダカペナウムと並んで、イエスから厳しく叱責されている。コラジンには旧約聖書には登場しないが、タルムードヒエロニムスの証言などから、かなり繁栄した町であったことが伺える。シナゴーグの遺構もキルベト・ケラゼに残っている。

参考文献[編集]

  • 『新聖書辞典』いのちのことば社、1985年