アイノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイノンの位置を示したマダバの地図の一部

アイノン(Aenon)はバプテスマのヨハネバプテスマを授けていた場所の一つで。この地名はヘブル語の「泉」を意味するアインに由来すると言われる。

エウセビオスヨルダン川の西側サマリヤの北、スキトポリスベテ・シャン)の南の地であったと記している。古い伝承では、ベテ・シャンの南12km、サリムに近い場所であると言われる。

聖書[編集]

イエス・キリストと弟子たちがユダの地に行って滞在して、バプテスマを授けていた頃、先には「ヨルダン川の向こう岸のベタニヤ」と呼ばれる地でバプテスマを授けていた。ヨハネがヨルダン川の東側のベタニヤから西側のアイノンに移った理由として、そこは水が多かったと記されている。

参考文献[編集]