エドムンド・ボーフォート (第2代サマセット公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第2代サマセット公エドムンド・ボーフォート(Edmund Beaufort, 2nd Duke of Somerset, 1406年 - 1455年5月22日)は、15世紀イングランドの貴族であり、百年戦争薔薇戦争における重要な人物である。サマセット伯ジョン・ボーフォートの3男でヘンリー・ボーフォートジョン・ボーフォートの弟。ヘンリー4世の甥、ヘンリー5世の従弟に当たる。従甥に当たるヘンリー6世の側近として権勢を振るったが、周囲の反発を招き薔薇戦争を勃発させた。

生涯[編集]

若くしてランカスター朝イングランドの駐フランス軍の指揮官となり、1436年アルフルール英語版(Harfleur)の奪還に成功するとガーター勲章を受勲、次の勲功で1442年にはドーセット伯に、翌1443年にはドーセット侯爵に列せられた。さらに翌1444年、急死した次兄ジョンの後を継いで第4代サマセット伯になった。1444年から1449年の停戦期は駐仏軍の副司令官を務め、1448年サマセット公に叙せられた。

しかし1449年の再戦後、イングランド軍はフランス軍に対抗できない状況であり、1450年の夏までにノルマンディーはフランスの手に落ちていた。この損失はヘンリー6世の侍従長であるサフォーク公ウィリアム・ドゥ・ラ・ポールの失脚をもたらした(その後暗殺)。サマセット公はイングランドに戻り、サフォーク公に代わってヘンリー6世の助言者としての地位を得たが、大陸での劣勢は覆せず、1453年にはカレーを除いて大陸領を全て失い敗戦を迎えた。

その後間もなくヘンリー6世は神経衰弱に陥り、1454年に政敵であったヨーク公リチャード護国卿に任命され、サマセット公はロンドン塔に投獄されたが、翌1455年にヘンリー6世が回復したことで解放され、反対にヨーク公は護国卿を罷免された。サマセット公が復帰したためヨーク派ランカスター派と軍事衝突、サマセット公はヨーク派で政敵のウォリック伯リチャード・ネヴィルの奇襲を受け戦死した(第一次セント・オールバーンズの戦い)。これが薔薇戦争の発端である。

公位は長男のヘンリーに引き継がれたが、1463年に戦死した後は次男のエドムンドが継承したが彼も1471年に戦死したためボーフォート家は断絶した。但し、次兄ジョンの娘で姪マーガレットが産んだ大甥ヘンリー7世1485年に薔薇戦争を終わらせイングランド王に即位、血統はテューダー朝に受け継がれた。また、ヘンリーの庶子で孫のチャールズ・サマセットヘンリー8世にウスター伯に叙爵され、子孫はボーフォート公となり存続していった。

家族[編集]

1431年から1435年の間にエレノア・ボーシャン(ウォリック伯リチャード・ドゥ・ボーシャンと最初の妻エリザベス・バークリーの娘)と無許可のうちに結婚している。エレノアはウォリック伯リチャード・ネヴィルの妻アン・ボーシャンの異母姉でイザベル・ネヴィルアン・ネヴィル姉妹の伯母に当たり、トマス・ドゥ・ロス(ロス男爵)の未亡人でもある。

後に1438年5月7日に許可が下り正式に結婚、下記の子供たちをもうけている。

  • エレノア
    最初にジェームス・バトラー(オーモンド伯)と、次にロバート・スペンサー卿と結婚している。
  • エリザベス
    1472年には死亡している。騎士ヘンリー・フィッツ・ルイスと結婚した。
  • ヘンリー・ボーフォート(第3代サマセット公、1436年 - 1463年
ヘクサムの戦いで敗北、処刑。
イングランドの爵位
先代:
ジョン・ボーフォート
サマセット公
1448年 - 1455年
次代:
ヘンリー・ボーフォート
先代:
ジョン・ボーフォート
サマセット伯
1444年 - 1448年