イノシシ亜目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イノシシ亜目(猪豚亜目)
Lightmatter unidentified pig-like animal.jpg
地質時代
約4,800万年前
新生代古第三紀始新世前後期)
- 第四紀完新世(現世)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
下綱 : 真獣下綱 Eutheria
(階級なし)
北方真獣類 Boreoeutheria
上目 : ローラシア獣上目 Laurasiatheria
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : イノシシ亜目 Suina
学名
Suina Gray[1]1868
シノニム

Suiformes

和名
イノシシ亜目
英名
Suina
上科・

イノシシ亜目(イノシシ-あもく、猪豚亜目〈ちょとん-あもく〉、学名:Suina)は、鯨偶蹄目(旧・ウシ目〈偶蹄目〉を含む)に属する哺乳類の一群(亜目)。

現存するイノシシ科ペッカリー科の2科に、絶滅したエンテロドン科を併せた全3科、あるいはこれにカバ類を加えた全4科で構成されるとするのが従来説であったが、カバ類は別系統として除外される一方、近年新たにラオエラ科を加えて以前とは違う構成での全4科とする説も出ている。

系統分類[編集]

イノシシ亜目は、絶滅した原始的なエンテロドン科、および、進化したグループであり現存するイノシシ科・ペッカリー科で構成されるが、近年は原クジラ類(原クジラ亜目)とも関係が深く一時期はそちらで最古の部類と位置づけされてもいたラオエラ科をこれに含むとする説がある。 ラオエラ科が真に下位分類であるとすれば、化石により確認可能なイノシシ亜目の出現は約4,800万年前(新生代古第三紀始新世前後期〈ルテシアン〉)まで遡れることになる。 ただし、その場合でも一群の祖形を内包しているのはエンテロドン科の系統と考えられており、分子系統学的知見に基づく見解では、理論上、未発見の共通祖先が暁新世に存在しているはずである。

かつては、外見的に似ており反芻をしないカバ類(現生と化石のカバ類。近年は「カバ下目」の分類名あり)がイノシシ亜目の下位に置かれていた。しかし、上述と同じ分子系統学によるDNA解析の結果、カバ類はイノシシ亜目とは比較的縁遠く、その姉妹群クジラ類であり、さらに、カバ類およびクジラ類の姉妹群は真反芻類(ウシ亜目)であることが明らかとなった(これらは「鯨反芻類」として総括される)。

鯨偶蹄目の中でイノシシ亜目の出現時期は、ラクダ亜目(核脚亜目)より遅く、鯨反芻類(カバ類・クジラ類・ウシ亜目)より早い。


上位分類[編集]

亜目の下位に亜目が置かれている、正式名ではない「…類」が使われているなど、整合性が保たれていないのは、現在が分類体系再編の過渡期にあるが所以である。

下位分類[編集]

略号 : †(短剣符)は「絶滅」の意。 ? 付きは分類が確定的でないものを示す(科に付いていればその下位も全て同義)。

脚注[編集]

[ヘルプ]