アンナ・ヤギエロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンナ・ヤギエロ
Anna Jagiello
ヤギェウォ家
Annajagiello.jpg
アンナ(ハンス・マラー画、1520年
称号 神聖ローマ皇后
ハンガリー王妃
ベーメン王妃
出生 1503年7月23日
ハンガリー王国ブダ
死去 1547年1月27日(満43歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Bohemia.svg ベーメン王国プラハ
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Bohemia.svg ベーメン王国プラハ聖ヴィート大聖堂
配偶者 フェルディナント1世
子女
父親 ウラースロー2世
母親 ツァンダレ=イ・アンナ
テンプレートを表示

アンナ・ヤギエロドイツ語: Anna Jagiello)またはアンナ・フォン・ベーメン・ウント・ウンガルンドイツ語: Anna von Böhmen und Ungarn)は、神聖ローマ皇帝およびベーメンハンガリーの王フェルディナント1世の妃。ボヘミアとハンガリーの王ウラースロー2世の長女。ハンガリー語読みはヤゲロー・アンナJagelló Anna)。

生涯[編集]

1515年ヤギェウォ家ハプスブルク家の二重結婚(ウィーン二重結婚)が決定されるが、この時点ではアンナの夫は未定で、代わりにマクシミリアン1世と代理結婚した。1521年リンツにてマクシミリアン1世の孫のフェルディナントと正式に結婚した。また翌1522年には弟ラヨシュ2世とフェルディナントの妹マリアが結婚した。

ラヨシュ2世は1526年モハーチの戦いオスマン帝国軍に敗れ、20歳の若さで戦死した。王妃マリアとの間に嗣子がなかったため、アンナの夫フェルディナントがハンガリーとボヘミアの王に選ばれ、アンナは王妃となった。フェルディナントは兄カール5世の皇帝在位中の1531年にドイツ王となり、1556年に兄から帝位を譲られた。

アンナは夫に助言し、できる限り付き従った。

1547年1月27日、プラハにて44歳で死去した。アンナ死後のフェルディナント1世は決して髭を剃らず、質素に暮らし引きこもりがちになったという。

人物[編集]

  • 「いとも麗しく、いとも雅やかな」と評される美貌の持ち主だった。
  • アンナは小柄な女性であったが、夫フェルディナントも長身ではなく似合いの夫婦だった。

子女[編集]

政略結婚であったが2人の結婚は幸福なものであり、フェルディナント1世との間に4男11女をもうけた。ハプスブルク家の多産の伝統の先駆けである。

長男マクシミリアンは、フェルディナント1世の祖父マクシミリアン1世にちなんで名付けられた。次男フェルディナントには、彼女が夫の名を付けることを熱望したためこの名となった。

ポーランド王国において国王自由選挙によって国王が選出されるようになると、アンナの息子マクシミリアン2世やその息子マクシミリアン大公が立候補している。さらに、アンナの血筋を根拠にしたかどうかは定かではないが、子孫であるカール・シュテファン大公が、第一次世界大戦中にドイツ帝国の衛星国であるポーランド摂政王国の国王候補者に推されている。