フェルディナント2世 (オーストリア大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェルディナント大公
フェルディナント大公
フェルディナント大公

フェルディナント2世・フォン・エスターライヒ(Ferdinand II. von Österreich, 1529年6月14日 - 1595年1月24日)は、オーストリア大公(前方オーストリア(Vorderösterreich)大公)。神聖ローマ皇帝フェルディナント1世と皇后アンナ・ヤギエロの次男(第3子)として、リンツで生まれた。皇帝マクシミリアン2世の弟である。

1547年から父に命じられボヘミアの統治者になり、1556年ハンガリーにおける対オスマン帝国戦を指揮した。

1557年、フェルディナントは秘密裡にアウクスブルクの豪商ヴェルザー家出身のフィリッピーネ・ヴェルザーと結婚した。当時ヴェルザー家は貴族に列せられていたが、皇族と結婚できるほど身分は高くなく、フェルディナント1世以外には結婚を伏せることでようやく許されたものだった。フィリッピーネとの間に生まれた子供たちは“フォン・エスターライヒ”と名乗ることは許されたものの、帝位継承権は認められず、男子についてのみブルガウ辺境伯の称号を授けられた。

1564年のフェルディナント1世の死後、父の望み通りチロルの統治者となった。しかし、兄マクシミリアンの要請もあり、1567年までプラハでボヘミア総督を務めた。

1580年にフィリッピーネに先立たれると、1582年に姪にあたるアンナ・カテリーナ・ゴンザーガマントヴァグリエルモ・ゴンザーガと、フェルディナントの妹エレオノーレの娘)と再婚。アンナ・ユリアーネとの間には男子が生まれなかったため、チロルはフェルディナントの死後に同族に継承された。アンナ・カテリーナの生んだ娘アンナが皇帝マティアスの皇后となると、チロルはマティアスに継承された。

子女[編集]

フィリッピーネとの間には4子が生まれた。

  • アンドレアス(1558年 - 1600年) - 枢機卿
  • カール(1560年 - 1627年) - ブルガウ辺境伯
  • フィリップ(1562年 - 1563年)
  • マリア(1562年 - 1563年)

アンナ・カテリーナとの間には3子が生まれた。

  • アンナ・エレオノーレ(1583年 - 1584年)
  • マリア(1584年 - 1649年) - 尼僧
  • アンナ(1585年 - 1618年) - 皇帝マティアスの皇后

他に2人の庶子がいた。

  • フェロニカ・フォン・フィランデルス(1551年 - 1584年) - 母親不明。ジョヴァンニ・フランチェスコ・ディ・ゴンザーガの妻
  • ハンス・クリストフ・フォン・ヘルテンベルク(1592年 - 1613年) - ヨハンナ・フォン・マイエンブルクとの子。
先代:
フェルディナント1世
前方オーストリア大公
1564年 - 1595年
次代:
ルドルフ2世
マティアス
マクシミリアン3世