エレオノーレ・フォン・エスターライヒ (1534-1594)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マントヴァ公爵夫人エレオノーレ、1555年
幼い頃のエレオノーレ大公女、ヤーコプ・ザイセネッガー画、1536年、美術史美術館

エレオノーレ・フォン・エスターライヒ(Erzherzogin Eleonore von Österreich, 1534年11月2日 ウィーン - 1594年8月5日 マントヴァ)は、神聖ローマ皇帝フェルディナント1世の娘で、マントヴァ公グリエルモの妻。イタリア語名はエレオノーラ・ダウストリアEleonora d'Austria)。

生涯[編集]

フェルディナント1世とその妻でハンガリー王・ボヘミアウラースロー2世の娘アンナの間の第8子、六女として生まれた。他の姉妹たちと同様に熱心なカトリック信徒として育てられ、デンマーククリスチャン3世ザクセンヨハン・フリードリヒ2世から求婚されたものの、いずれも相手が福音派信徒だということを理由に拒絶した。

その後、26歳になるまで独身のままだったが、父に懇願されてマントヴァ公グリエルモと結婚することに同意し、婚礼は1561年4月26日にマントヴァで行われた。ゴンザーガ家は皇帝家との縁組を深めることで、モンフェッラート侯領の支配を安定させようと狙っていた。これに先立って、すぐ上の姉カタリーナがグリエルモの兄フランチェスコ3世に嫁いだが、すぐに死別している。夫は脊柱湾曲症のため容姿は見劣りしたが、夫婦仲は比較的良好だった[1]

1567年、エレオノーレは夫の頼みに応じて、カザーレ・モンフェッラートで起きた反乱を鎮静化させるために同市に赴いた。しかし説得は成功せず、エレオノーレは一時的に反逆者たちの人質にされている。1587年に夫と死別すると、その年の待降節の日曜日に貞潔誓願を行った。1594年に59歳で死去し、マントヴァ大聖堂(Duomo di Mantova)内の公爵家の墓所に埋葬された。

子女[編集]

夫との間に1男2女をもうけた。

参考文献[編集]

  • Eleonore. In: Brigitte Hamann (Hrsg.): Die Habsburger. Ein biographisches Lexikon. Ueberreuter, Wien 1988, ISBN 3-8000-3247-3, S. 77f.
  • Constantin von Wurzbach: Eleonore von Oesterreich. Nr. 53. In: Biographisches Lexikon des Kaiserthums Oesterreich. Band 6. Verlag L. C. Zamarski, Wien 1860, S. 161.

脚注[編集]

  1. ^ Edith Schlocker: Schloss Ambras: Des Kaisers unglückliche Töchter. Die Presse, 25. Juli 2010, abgerufen am 26. Juli 2010 (Die Ausstellung "Nozze italiane" illustriert die Heiratspolitik der Habsburger. Im Zentrum stehen drei nach Italien verheiratete Töchter Ferdinands I.).

外部リンク[編集]