アンナ・カテリーナ・ゴンザーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンナ・カテリーナ大公妃

アンナ・カテリーナ・ゴンザーガAnna Caterina Gonzaga, 1566年1月17/27日 マントヴァ - 1621年8月3日 インスブルック)は、イタリアマントヴァ公国の支配者ゴンザーガ家の公女で、オーストリア=チロル大公フェルディナント2世の2番目の妻。

マントヴァ公グリエルモとその妻で神聖ローマ皇帝フェルディナント1世の娘であるエレオノーレの間の第3子、次女として生まれた[1]。1582年5月14日にインスブルックにおいて、チロル州侯を務めるフェルディナント大公と結婚した。夫妻は実の伯父と姪の間柄だった。夫妻の間には4人の娘が生まれた。

脚注[編集]

  1. ^ Miroslav Marek (2003年10月15日). “Anna Caterina Gonzaga(Gonzaga3:C3)”. genealogy.euweb.. 2012年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、Anna Caterina Gonzagaに関するメディアがあります。