カタリーナ・フォン・エスターライヒ (1533-1572)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カタリーナ・フォン・エスターライヒ

カタリーナ・フォン・エスターライヒ(Katharina von Österreich, 1533年9月15日 - 1572年2月28日)は、神聖ローマ皇帝フェルディナント1世と皇后アンナの五女。

1549年10月、マントヴァ公フランチェスコ3世・ゴンザーガと結婚するが、夫はわずか4ヶ月後に早世した。

1553年6月23日、ポーランドジグムント2世の3度目の妃となった。ジグムント2世の最初の妃エリーザベトはカタリーナの姉であった。

1572年、夫ジグムントより先立って死去した。いずれの結婚でも子供は生まれなかった。