マクシミリアン3世・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マクシミリアン3世・フォン・エスターライヒ

マクシミリアン・フォン・エスターライヒドイツ語Maximilian III. von Österreich, ポーランド語:Maksymilian III Habsburg, 1558年10月12日 - 1618年11月2日)は、前方オーストリア(Vorderösterreich, Vorlande大公。1585年以降ドイツ騎士団総長(Grossmeister des Deutscher Ordens)を務めた。

生涯[編集]

神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世と皇后マリアの四男として、ヴィーナー・ノイシュタットで生まれた。マクシミリアンは父方の祖母アンナ・ヤギエロを通じて、ポーランドヤギェウォ家の血を引いていた。

1587年ポーランド王ステファン・バートリの死去にともない国王自由選挙が行われるにあたり、マクシミリアンは立候補した。他の立候補者には、ポーランド王ジグムント1世の孫であるスウェーデン王シギスムンド(ジグムント3世)がおり、ポーランド王女カタジナを母に持つことからジグムントが国王に選ばれた。この結果を不服としたマクシミリアンは武力をもって選挙結果を無効にしようとし、ポーランド継承戦争(1587年 - 1588年)を起こした。しかしマクシミリアンはジグムント3世を支持するヘトマンヤン・ザモイスキJan Zamojski)軍にビチナの戦い (enで負けた。マクシミリアンは身柄を拘束され、ローマ教皇シクストゥス5世の仲介後すぐ釈放された。1589年、彼はポーランド王となる権利を放棄した。この一件で実兄ルドルフ2世の怠惰が明らかになり、ルドルフ自身の評判を悪くした。

1593年から1595年まで、マクシミリアンはチロルの領主となった従弟フェルディナント大公(のちの皇帝フェルディナント2世)の摂政を務めた。彼は首尾一貫して反宗教改革の支持者であった。マクシミリアンはウィーン司教メルヒオール・クレスルMelchior Khlesl、のち枢機卿となる)を免職させ、フェルディナントを皇帝位につけるのにも奔走した。

マクシミリアンの最も知られる伝承は、バロック様式の大公冠(Erzherzogskrone)である。オーストリア大公ルドルフ4世が最初に被っていたことで知られる形の冠で(ルドルフ4世のものは現存しない)、マクシミリアンがつくらせた大公冠はクロスターノイブルクKlosterneuburg、オーストリア、ニーダーエスターライヒ州の都市)の修道院内で展示されている。

先代:
フェルディナント2世
マティアス
前方オーストリア大公
1612年 - 1618年
次代:
レオポルト5世
先代:
ハインリヒ・フォン・ボーベンハウゼン
ドイツ騎士団総長
1585年 - 1618年
次代:
カール・フォン・エスターライヒ