えんしゅう (多用途支援艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JMSDF AMS 4305 Enshu 2013.08.03.JPG
艦歴
建造者 ユニバーサル造船 京浜事業所
運用者 Flag of Japan.svg海上自衛隊
計画 平成17年度計画
発注 2005年
起工 2006年12月19日
進水 2007年8月9日
竣工
就役 2008年2月20日
退役
除籍
除籍後
その後
母港 {{{母港}}}
主要諸元
艦種 多用途支援艦
艦級 ひうち型
排水量 基準 980トン
満載 1,400トン
全長 65.0m
全幅 12.0m
深さ
高さ {{{高さ}}}
吃水 3.5m
機関 ディーゼル推進、2軸推進
* 新潟原動機6MG28HX ディーゼル・エンジン × 2基
機関出力 5,000PS
速力 15ノット
燃料
航続距離
潜航限界深度
乗員 45名
搭載量
兵装 12.7mm機関銃× 2丁
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板
C4I
レーダー OPS-20航海
ソナー
探索装置・
その他装置
電子戦
対抗手段
愛称
モットー
その他 * 消防装置一式
* 艦艇曳航装置一式
* 自走式水上標的・管制装置一式
* 魚雷回収装置一式

えんしゅうローマ字JS Ensyu, AMS-4305)は、海上自衛隊の保有する多用途支援艦。諸外国海軍の航洋曳船(オーシャンタグ)に相当する。

概要[編集]

ひうち型多用途支援艦の5番艦(最終艦)である。

この艦級における艦名はの名前に由来しており、「えんしゅう」は遠州灘に由来する。

武装として、艦橋上両舷に12.7mm機関銃用銃架が設置されている。 なお、12.7mm機関銃は搭載火器扱いであり、常時銃架に設置されているわけではなく、必要に応じて設置される。

ひうち型は前期建造艦と後期建造艦で装備が異なるが、「えんしゅう」は後期建造艦であるため、外洋行動時の運用性・居住性向上のための減揺タンクと、潜水艦に対する訓練支援用の水中通話機が装備されている。

艦歴[編集]

「えんしゅう」は、中期防衛力整備計画に基づく平成17年度計画980トン型多用途支援艦4305号艦として、ユニバーサル造船京浜事業所で建造され、2006年12月19日起工、2007年8月9日進水、2008年2月20日に就役の後に横須賀地方隊に配属された。

2009年6月、除籍後に標的艦として処分される事になった「DDG-168 たちかぜ」を八丈島南東海域まで曳航した。

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  •  海鷲の末裔「多用途支援艦 ひうち型」

http://island.geocities.jp/torakyojin88/asm4301.html

  •  J-NAVY World 「多用途支援艦 ひうち型」 - 前期建造艦と後期建造艦との違いを確認できる。

http://j-navy.sakura.ne.jp/gallery-hiuchi.html

ウィキメディア・コモンズには、えんしゅうに関するカテゴリがあります。