Strawberry JAM (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Strawberry JAM
小倉唯スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル キングレコード
チャート最高順位
小倉唯 アルバム 年表
Strawberry JAM
(2015年)
Cherry Passport
2017年
『Strawberry JAM』収録のシングル
  1. Raise(c/w PON de Fighting!)」
    リリース: 2012年7月18日
  2. Baby Sweet Berry Love
    リリース: 2013年5月8日
  3. Charming Do!
    リリース: 2014年1月29日
  4. Tinkling Smile
    リリース: 2014年8月13日
テンプレートを表示

Strawberry JAM』(ストロベリージャム)は、小倉唯の1枚目のオリジナルアルバム2015年3月25日キングレコードから発売された。

タイトルは当初小倉の内面をジャム[3]詰め込んだような「JAM」にするつもりだったが、紆余曲折を経て[4]小倉が考えた甘酸っぱさを意味する「Strawberry」と「JAM」を掛け合わせた現行のタイトルに落ち着いた[5]

音楽性[編集]

1曲目「FUN FUN MERRY JAM」は、ファンへのメッセージを込めた明るい曲[4]。制作に際してはスタッフを交えて曲の構成などに関する協議を行ったが実はその際小倉にとってやりにくくすることも検討されていたという[6]

2曲目「Charming Do!」は、3rdシングル曲であり、テレビアニメ『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』のエンディングテーマ。

3曲目「いつだって Call Me!」は、80年代のアイドルソングを意識したかわいらしい曲だが、小倉が歌う際は今風の感じが漂う元気な内容をイメージしたという[4]

4曲目「A Lovely Tea Break」は、「変わらないもの」をテーマとした和風[4]かつ中国的な響きの曲[7]。歌う際は友達との交流やショッピングなどの楽しい情景をイメージしたという[4]

5曲目「PON de Fighting!」は、1stシングルカップリング曲。

6曲目「Get over」は、メッセージ性のあるロック調の曲。小倉は収録前かわいらしい楽曲を多数収録しているにも関わらず本作がロックテイストであるため多少不安を感じていたが、収録時に今までの様に曲の世界観に溶け込むのではなく素の自分を表現した上で[8]レコーディングを重ねることで[6]不安な気持ちを払拭できたという[8]

7曲目「Raise」は、1stシングル曲であり、テレビアニメ『カンピオーネ! 〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜』のエンディングテーマ。ライブで披露する機会が多く自身の成長を表現するため、既存の楽曲を収録するのではなく敢えて録り直したという[8]

8曲目「シュガーハートエイク」は、小倉曰く「しっとりしたかわいらしい曲」[8]。レコーディングでは歌詞に登場する女の子の内面が小倉と重なるため、そのあたりを意識してものモノローグ調で行ったという[8]

9曲目「Tinkling Smile」、4thシングル曲であり、テレビアニメ『ヤマノススメ セカンドシーズン』のエンディングテーマ。

リード曲となる10曲目「Happy Strawberry」は、女の子の甘酸っぱい恋心を応援する曲[9]PVは、白と赤にイチゴをあしらった衣装を着た小倉が踊るシーンと、小倉主演による[8]大学舞台をとした[10]ドラマ仕立てのシーンとで構成されている[8]

11曲目「Baby Sweet Berry Love」は、2ndシングル曲であり、テレビアニメ『変態王子と笑わない猫。』のエンディングテーマ。

12曲目「Sing-a-ling-a-Harmony」は、ファンへの感謝を歌った曲。制作に際して小倉は自身のファンに対する胸中を作詞を手掛けたこだまさおり宛にメールで送り、それを基に書き上げたという[8]

リリース[編集]

2015年3月25日にキングレコードから発売された。

販売形態は、CD+BD盤(KIZC-276/7)とCD+DVD盤(KIZC-278/9)、通常盤(KICS-3174)の2種リリースで、CD+BD盤とCD+DVD盤には 「Happy Strawberry」、「Raise」、「Baby Sweet Berry Love」、「Charming Do!」、「Tinkling Smile」のPVを収録したBDならびにDVDに加え、初回製造分のみ、各盤で異なるミニ写真集[11][12]7月5日パシフィコ横浜国立大ホールで開催される1stライブ「HAPPY JAM」の先行抽選のためのシリアルナンバーが封入されている。なお小倉によれば写真集はナチュラルで「ふわっとした雰囲気」になっているという[13]

収録内容[編集]

CD[1][14][15]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「FUN FUN MERRY JAM」中原徹也ARM大久保薫
2.Charming Do!磯谷佳江奥井康介奥井康介
3.「いつだって Call Me!」松井五郎板垣祐介菊谷知樹
4.「A Lovely Tea Break」大森祥子チーミー大久保利裕
5.PON de Fighting!大森祥子大久保薫大久保薫
6.「Get over」松井五郎小野貴光山口朗彦、大久保薫(ストリングスアレンジ)
7.Raise(album ver.)」只野菜摘俊龍藤田淳平
8.「シュガーハートエイク」こだまさおり小野貴光山崎寛子
9.Tinkling Smile磯谷佳江小野貴光大久保薫
10.「Happy Strawberry」山口朗彦、中原徹也山口朗彦山口朗彦
11.Baby Sweet Berry Love山崎寛子俊龍Sizuk
12.「Sing-a-ling-a-Harmony」こだまさおり俊龍大久保薫
合計時間:
BD(CD+BD盤)・DVD(CD+DVD盤)
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Happy Strawberry」(MUSIC VIDEO)  
2.「Raise」(MUSIC VIDEO)  
3.「Baby Sweet Berry Love」(MUSIC VIDEO)  
4.「Charming Do!」(MUSIC VIDEO)  
5.「Tinkling Smile」(MUSIC VIDEO)  
6.「Making of Strawberry JAM」  

チャート[編集]

チャート(2015年) 最高位
オリコン週間[2] 4
オリコン月間[16] 25
Billboard JAPAN Top Albums[17] 4
サウンドスキャンジャパン[18] 9

出典[編集]

  1. ^ a b Strawberry JAM<通常盤>”. タワーレコード. 2015年3月24日閲覧。
  2. ^ a b Strawberry JAM<CD+BD盤>”. ORICON STYLE. オリコン. 2015年4月8日閲覧。
  3. ^ [Power Push] 小倉唯「Strawberry JAM」インタビュー (3/4). (インタビュー). (2014年3月24日). ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/ogurayui02/page/3 2015年3月24日閲覧。 
  4. ^ a b c d e アニカン & Vol.145, p. 1.
  5. ^ 声優グランプリ3月号 2015, p. 17.
  6. ^ a b アニカン & Vol.145, p. 2.
  7. ^ [Power Push] 小倉唯「Strawberry JAM」インタビュー (2/4). (インタビュー). (2014年3月24日). ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/ogurayui02/page/2 2015年3月26日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g h アニカン & Vol.145, p. 3.
  9. ^ “[Power Push] 小倉唯「Strawberry JAM」インタビュー (4/4)”. ナタリー (ナターシャ). (2015年3月24日). http://natalie.mu/music/pp/ogurayui02/page/4 2015年3月24日閲覧。 
  10. ^ 声優グランプリ4月号 2015, p. 37.
  11. ^ Strawberry JAM(CD+BD複合)”. キングレコード. 2015年3月24日閲覧。
  12. ^ Strawberry JAM(CD+DVD複合)”. キングレコード. 2015年3月24日閲覧。
  13. ^ 声優グランプリ4月号 2015, p. 36.
  14. ^ Strawberry JAM [CD+Blu-ray Disc]<初回限定盤>”. タワーレコード. 2015年3月24日閲覧。
  15. ^ Strawberry JAM [CD+DVD]<初回限定盤>”. タワーレコード. 2015年3月24日閲覧。
  16. ^ you大樹”. オリコン. 2015年4月8日閲覧。
  17. ^ Billboard Japan Top Albums 2015/04/06 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2015年4月8日閲覧。
  18. ^ 週間 CDソフト TOP20 アルバム ランキング TOP20 2015年3月23日〜2015年3月29日 調査分”. Phile-web. 音元出版. 2015年4月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 塚越淳一「小倉唯 1stアルバム『Strawberry JAM』」『アニカン』Vol.145(2015年3月A号)、MG2、2015年3月14日、 1 - 3頁。
  • 仲上佳克「1stアルバムリリース☆ Strawberry JAM」『声優グランプリ』2015年3月号、主婦の友社、2015年2月10日、 17頁。
  • 仲上佳克「Strawberry JAM」『声優グランプリ』2015年4月号、主婦の友社、2015年3月10日、 36 - 37頁。

外部リンク[編集]