山崎寛子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山崎 寛子(やまさき ひろこ、1986年5月16日 - )は、日本作詞家作曲家編曲家岡山県出身。血液型はA型。

経歴[編集]

幼少期、母に連れられピアノを始める。

音楽の先生などに憧れを抱きつつ、小さい頃から「この人生は安定した職業に就いて、生まれ変わったら音楽家になろう」と考え、学生らしい日々を過ごす。

大学4年生の就活中に、本当に生まれ変われるかわからないことに気づく。

とあるシンガーソングライターの路上ライブの映像に不思議と強く心惹かれ、音楽の道が頭に浮かぶようになる。

作曲家を志した直接のきっかけは、あるドラマのBGMに感動したこと。

大学卒業後は上京し、作曲や歌をはじめ音楽と向き合う日々を送る。

ゲーム関連の楽曲提供やミュージカル音楽の担当を経て、2011年に喜多村英梨のシングル『Be Starters!』のカップリング曲「彩-sai-」の作詞・作曲でデビュー。本格的にプロの音楽家としての活動を開始し、作曲のみならず作詞アレンジなども手掛けるようになる。

ポップスやクラシックワールドミュージックなど、幅広い音楽を好む。特にピアノやストリングスコーラスワークの効いた曲が好きで、自分の作品にも多く取り入れている。[1]

楽曲を提供した主な作品[編集]

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

ゲームアプリ[編集]

  • 白猫プロジェクト
    • 三周年記念イベント「ゼロクロニクル~始まりの罪~」劇中歌「伝承の旋律」-「Ray-はじまりのセカイ-」(作詞・作曲・編曲・歌)

アーティスト[編集]

  • 山崎寛子(本人)
    • 「おひとりさま」(作詞・作曲・編曲)
    • 「bitter sugar」(作詞・作曲・編曲)

脚注[編集]

外部リンク[編集]