SAPIX小学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社ジーニアスエデュケーション
Genius Education
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 151-0053
東京都渋谷区代々木1-28-11 代々木プラザ3F
設立 1989年6月
業種 サービス業
事業内容 進学教室サピックス小学部の運営
代表者 代表取締役 髙宮 敏郎
資本金 5,000万円
従業員数 非常勤を含み約600人
主要株主 代々木ゼミナール 100%
外部リンク http://www.sapientica.com/
テンプレートを表示

SAPIX小学部(サピックスしょうがくぶ)は、難関中学受験を対象とした学習塾で、1989年に設立された。

この項目には、創業以来運営にあたった株式会社ジーニアス研究所および株式会社ジーニアスデュケーションに関する記述が含まれている。

概要[編集]

1989年6月設立。当初は「株式会社ジーニアス研究所」、附帯事業の分社にかかわる新設を経て「株式会社ジーニアスエデュケーション」、さらに2012年からは代々木ゼミナールの関連会社である「株式会社日本入試センター」が経営している。

創業者で経営陣を固めたベンチャー企業の体を長らく続けたが、2010年5月には全株式が代々木ゼミナールの関連会社である株式会社日本入試センターに譲渡され、代々木ゼミナール関係者が経営を引き継いだ。経営交代は創立者の一人である奥田前社長の「定年退職」と重なり合う時期に実施され、2011年2月までに、創立にかかわった関係者および『生え抜き』の取締役は経営から退き、従業員に移行した。経営交代後も激しい軌道修正はみられず、2013年現在、京阪神地区に3校舎を展開したことが目を引く以外は、日本橋地区から代々木地区への本社機能移転や、不動産物件のグループ内融通など地味な変化にとどまる。SAPIXブランド各事業の再編経緯はSAPIXの項目も参照。

1990年代以降、首都圏の学習塾の中では上位の合格実績を保っている。「超難関校への登竜門」という明確なカラーを打ち出し、低学年対象事業の拡大などを経て、2004年頃からは超難関校受験において押しも押されもせぬシェアと実績を獲得した。サピックス小学部のWebサイトなど広報によると、思考力と記述力の養成、個性の強い熱烈な講師陣、クラス内外での競争の奨励などによって生徒を鍛え上げるメソッドが奏効したという。 なお、1クラスの人数は15人~20人、2000年頃からはほぼ20人以下に抑えている。近年ではあまり差がなくなっているが、創立当時は特に、大手競合塾に比べて少人数の教室を売りにしていた。

日能研四谷大塚に比べると後発の塾で、複数の講師が所属の塾(主にTAP進学教室)を不服として独立集合して成立した塾であり、その発足は決して華々しくはなかった。しかし、TAPにおいて上位クラスを受け持ち、業界でも名前が挙げられる存在であった算数、国語、理科、社会の科目を担当する主要講師が全てSAPIXへ移籍、それに伴った生徒の移動が多数発生したこともあり、設立当初から難関校受験における高い合格率を出していた。前述にある当時の理科担当のトップにあったのが、後述の奥田前社長であり、SAPIX設立に深く関わった一人であった。

創立以来2011年1月まで「代表」を名乗って陣頭指揮を執った田村こそ算数担当だが、「塾長」として生徒や塾業界への露出も多かった奥田前社長(退任直前まで東京校などで授業を担当していた)は理科担当であり、算数や国語といった科目ではないため、業界の感覚としては派手なものではなかった。

校舎[編集]

大規模かつ少数の校舎
首都圏の他の塾の多くがきめ細かく多くの校舎を展開する一方で、SAPIXはターミナル駅近辺に校舎を構えるのみである。ただし、近年は明確に拡大路線を採っており、毎年3校程度のペースで校舎を新設している。それでもなお1つの校舎の規模は競合他社に比べて非常に大きく、1つの校舎で1学年につき10コース(クラス)以上を設置する校舎も珍しくない。特に、SAPIX最初の校舎である東京校は1学年あたり15~20コース、SAPIX最大と言われる自由が丘校は学年により25コースに迫る。新設校舎でも2~3コースを設置するのが通例である。
コース(クラス)
コースはマンスリーテストや組分けテストの成績をもとに決定され、これらのテストによりコースが入れ替わる。
コース名は下位コースからA・B・C…とアルファベット順になっている一方、上位コースは最上位コースから順にα1・α2…と続く。創業直後は上位半分を「αに添え字」、残りを「βに添え字」としてコースを区別していた。
2018年現在、αコースとなるのは概ね上位10~15%のコースである。この基準は校舎内での順位で決まる。統一された「在籍資格」などはなく、あくまで目安である。たとえばA~K・α4~α1の15コース設置の場合、α4コースとKコースで指導内容や担当講師が劇的に異なるものではない。

授業・教材[編集]

復習主義[編集]

SAPIXでは復習を特に重視する。一部の知識学習を除いて、予習は非推奨とされる(教材は原則として当日配布する)。

  • 教材を分冊形式にし、予習をできなくすることで、かえって毎回の授業に新鮮な気持ちで集中して臨むことができる
  • 小学生が予習を行うのは非効率であり、予習をするならばその分を復習に充てた方がよい
  • 予習で間違った知識を覚えてしまうとその訂正に莫大な手間がかかる

授業スタイル[編集]

スピードが極めて速いとされている。また、原則休憩時間は昼食を除き、ない。テキストは多くの演習問題で構成される。創業初期から長らく、テキストは問題を羅列しただけに近いものであり、たとえ第三者(プロ家庭教師など)がテキストだけを入手しても使いこなしようがない代物だったが、2000年頃から徐々に家庭での自習を意識した構成が取り入れられた。

学力別コースによる授業内容の差については、広報や説明会、保護者会などでは「掘り下げの深さが異なる」という説明をする。実際のところ、扱う内容はテキストを踏まえて講師または校舎の裁量で決められており、たとえば受験学年である6年生の場合、上位コースは基礎的な知識の説明は省略して応用問題の演習や類題の考察などに時間が割かれるが、下位コースでは基礎の再確認を重視して行われる。これは受験指導として自然な構成であり、SAPIX特有のスタイルであるとまではいえない。

授業後、次回までに多くの復習(家庭学習)が要求される。 復習の指示はさまざまだで、担当講師が特に必要と考える場合はこれを提出するよう求めることもあるし、家庭学習がおろそかな生徒を厳しく追求することは当然に行われる。一方、「何も書いていないノートを形式的に提出する」「(失礼に当たらないようにと保護者が気を遣った結果の)まるうつしの宿題を出す」などは、本末転倒として嫌う風土もある。 知識や技術の獲得を重視する局面では「演習の間違い直し」を徹底的に行わせるが、最上位コースの授業ではその限りでない。

かつては授業の延長が日常茶飯事であり、創業以来の講師を中心に、定刻を数十分過ぎても授業を継続するものが多かった。2005年頃からは、保護者の送迎にかかわる地域とのトラブルなどが深刻化したこともあり、定刻を守るよう部内で統制されているという。

なお、授業後には質問教室が用意されており、生徒からの質問に答えるように講師が配置されている。質問できる内容は、原則として授業内容に限られる。荒天時や防災訓練実施時などは開催されない場合もある。

小テスト[編集]

授業の内外で行われる小テストが多数存在する。各教科の授業内で行われる「デイリーチェック」と呼ばれる確認テストや、毎回の授業前30分を利用して行われる算数の「基礎力定着テスト」などがある。(講習中は無し)

出版物[編集]

算数の分野別問題集、社会の地理、歴史カード、重大ニュースなどさまざまである。

校舎一覧[編集]

原則として、最寄駅名をそのまま校舎名とする。例外は実質的には東京校(人形町駅、馬喰横山駅、東日本橋駅)のみである。 厳密には、お茶の水校(御茶ノ水駅)、成城校(成城学園前駅、世田谷区成城に所在)、西船校(西船橋駅・京成西船駅、船橋市西船に所在)も異なる。かつては西東京校(荻窪駅)、浦和校(南浦和駅)というケースもあった。

著作権侵害問題[編集]

松谷みよ子谷川俊太郎五味太郎をはじめとする作家詩人が、同社と希学園がそれぞれ発行している問題集に、勝手に作品を掲載され、著作権を侵害されたとして、2007年6月21日に、両社に対して、東京地裁に出版差し止めの仮処分を申請した。また、希学園に対しては、約2,400万円の損害賠償請求訴訟も起こしている[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 作品、勝手に受験問題集に 谷川俊太郎さんら提訴 朝日新聞