RPG-22

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
RPG-22
RPG-22 rocket launcher.jpg
携行状態のRPG-22
RPG-22
種類 対戦車擲弾発射器
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシアの旗 ロシア
仕様
口径 72.5mm
使用弾薬 HEAT弾
RHA:400mm)
装弾数 1発
全長 850mm(発射状態)
785mm(分解時)
重量 2.8kg(弾頭付き)
銃口初速 133m/秒
有効射程 250m
歴史
配備期間 1980年-現在
関連戦争・紛争 ソ連のアフガニスタン侵攻
チェチェン紛争など
テンプレートを表示

RPG-22ロシア語: РПГ-22 «Нетто»)は、ソビエト連邦1979年に開発した使い捨て式の対戦車擲弾発射器である。

概要[編集]

RPG-18の後継として開発されたが、口径は72.5mmに拡大され、装甲貫通能力も向上している。

射撃手順は基本的にRPG-18やM72 LAWと同様であるが、RPG-22は前方部分が発射筒内部に収められており、射撃準備を整える際には内部筒を前方に引き出す。収納時の全長はRPG-18より長かったが、射撃準備時の全長はRPG-18よりも短くなっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]