AK-105

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AK-105
AK-105 Avtomat Kalashnikova.jpg
AK-105
概要
種類 カービン
製造国 ロシアの旗 ロシア
設計・製造 設計:ミハイル・カラシニコフ
製造:イジェフスク機械製作工場
性能
口径 5.45mm
銃身長 314mm
使用弾薬 5.45x39mm
装弾数 30発(箱型弾倉
作動方式 ガス圧作動方式, 回転ボルト
全長 824mm(銃床展開)
586mm(銃床折り畳み)
重量 3,000g(弾倉を除く)
発射速度 650発/分
銃口初速 840m/秒
有効射程 500m
テンプレートを表示

AK-105は、ロシア連邦アサルトライフルAK-74Mカービンモデルである。AK-100シリーズはAK-74Mの口径変更型であり、AK-74Mと同世代。

概要[編集]

AK-102AK-104・AK-105は非常に似通った設計であり、口径と使用弾薬に対応するマガジンなどの差異しかない。AK-105は5.45x39mm弾を使用する。AK-105はロシア陸軍AKS-74U カービンを補完する。

AK-74MAK-101AK-103のような共通の設計を持つフルサイズのライフルと比べてAK-102・AK-104・AK-105は短い銃身を持ち、フルサイズのライフルとAKS-74Uのようなさらに短小の銃との中間に位置する。AKS-74Uは長いガスピストンや折りたたみとはいえ通常のストックを持つAK-100シリーズに対してより短く、スケルトンストックが特徴である[1]

AK-105は、旧型では製であった部品をプラスチック製に置き換えたことにより軽量化を実現している。この新型プラスチックフレームは酸化によって風化しにくい。マガジンやストックも同様であり、太いストック内に野戦用キットを収納できる[2]

AK-100シリーズはどれもロシアイジェフスク機械製作工場が開発している。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]