PSL狙撃銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PSL
PSL rifle.jpg
PSL狙撃銃
PSL
種類 軍用小銃
製造国 ルーマニアの旗 ルーマニア
設計・製造 Fabrica de Arme Cugir SA
年代 冷戦
仕様
種別 狙撃銃
口径 7.62mm
銃身長 620mm
使用弾薬 7.62x54mmR弾
装弾数 10発
作動方式 ロングストロークピストン
回転ボルト閉鎖
セミオート射撃
全長 1,225mm
重量 4.31kg(弾丸無し、スコープ装着)
発射速度 セミオートのみ
銃口初速 830m/秒
有効射程 1,000m(スコープ使用時)
歴史
設計年 1970年
製造期間 1970年~
配備期間 1970年代~現在
配備先 ルーマニア軍
テンプレートを表示

PSLルーマニア語: Pușcă semiautomată cu lunetă)とは、1970年代にルーマニアAK-47をベースに設計した狙撃用ライフルである。またFPKとも呼ばれることがある。

概要[編集]

PSLは小隊選抜射手(マークスマン)向けに設計されたマークスマン・ライフルであり、その設計・運用思想はソビエト連邦製のドラグノフ狙撃銃に類似している。また、大きく肉抜きされたサムホール式銃床など外見もドラグノフとの類似点が多く、弾薬もドラグノフと同型の7.62x54mmR弾を使用するが、全体的な構造には相違点も多く、内部構造的にはドラグノフよりもAKMやRPK軽機関銃との類似点が多い。

  • 作動方式は、ガスピストンとボルトキャリアーが一体化したロングストロークピストン式を利用[1]
  • レシーバーはAKMと同様に板金プレス加工によって製造され、レシーバー左右の薬室部分にはRPKやツァスタバ M70と同様に強化リブが突き出ている[2]
  • 銃口部のフラッシュサプレッサーは、マズルブレーキ兼用とするため銃身と横方向に溝が刻んである。
  • マガジン後部に位置するマガジンキャッチは、トリガーガード前端部に密着。
  • 前部ハンドガードは、ガスシリンダーを覆う上部と銃身を覆う下部に分割可能。
  • 頬当て(チークピース)を、銃床と一体化。
  • マガジン左右側面部には、X字型のプレス強化リブがつけられており、ドラグノフとの互換性はない。

光学照準器や暗視式照準器は、レシーバー左側面部のアリ溝式レール(Doveteil Rail)を介して取り付けるものであり、レールはドラグノフのものと互換性がある。また、スコープの破損に備えてアイアンサイトも用意されている。

ルーマニアで製造されているPSL用の標準的な光学照準器はLPS T2(ルーマニア語: Luneta Puṣca Semiautomata Tip 2)と呼ばれ、ルーマニアのIOR(Întreprinderea Optică Română)で生産されている。LPS T2はロシア製のPSO-1を基にしており、外見や基本性能、内部照準線のデザインも同一であるが、内部照準線の蛍光塗料の発光源にはトリチウムが使用されている。

備考[編集]

  1. ^ ドラグノフは、ガスピストンとボルトキャリアーを別部品とするショートストロークピストン式を採用。
  2. ^ ドラグノフのレシーバーは削り出し加工で製造

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]