AK-101

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AK-101
Ak-101.jpg
AK-101
AK-101
種類 アサルトライフル
製造国 ロシアの旗 ロシア
設計・製造 設計:ミハイル・カラシニコフ
製造:イジェフスク機械製作工場
仕様
種別 アサルトライフル
口径 5.56mm
銃身長 415mm
使用弾薬 5.56x45mm
装弾数 30発(箱型弾倉
作動方式 ガス圧作動方式, ロータリーボルト
全長 943mm(銃床展開)
700mm(銃床折り畳み)
重量 3,400g(弾倉を除く)
発射速度 650発/分
銃口初速 910m/秒
有効射程 500m
歴史
設計年 1994年
製造期間 1995年-現在
配備期間 1995年-現在
バリエーション AK-102
製造数 25,000+[要出典]
テンプレートを表示

AK-101は、カラシニコフ系列のアサルトライフルである。AK-100シリーズAK-74M口径変更型であり、AK-74Mと同世代。

概要[編集]

AK-101は、世界の輸出市場に出すために開発されたため、NATO標準の5.56x45mm NATO弾を用いるように設計されている。その売りは、伝説的な信頼性を持つカラシニコフの設計と標準的で兵站上有利な5.56mm NATO弾の組み合わせである。軽量で高精度な合成樹脂など合成素材を用いた現代的な設計がなされている。AK-101には多くの改善点が見られ、それは、現行のAK-103など他のAK-100系列のライフルにも見ることができる。

AK-101は、セミオートとフルオートを選択できる。分解の手順はAK-74と同一である。AK-101は、レールをレシーバーの側面に備え付けることができ、スコープやその他多くの種類があるロシア欧州製の光学照準器もマウント可能である。最大で30発の弾丸マガジンに装填可能。16インチの銃身を持ち、銃口の跳ね上がり軽減のためAK-74と同様のマズルブレーキを備えている。

AK-102AK-104AK-105は、さらにコンパクトなカービン銃として設計されたAK-100シリーズの派生型であり、それぞれ5.56mm NATO弾・M43 7.62x39mm弾M74 5.45x39mm ライフル弾を用いる。これらのカービンは、それぞれのフルサイズ型と違い、わずか314mmの短い銃身しかない。これらAK-100シリーズのカービンも他と同様に主に輸出用として開発された。

一般に広まった話に、AK-101はロシア連邦軍の主力アサルトライフルになったというものがあるが、これは誤解であり、未だ5.45x39mm弾を用いるAK-74Mがその座にとどまっている。後継としてAK-105も提案されてはいるが、こちらも5.45x39mm弾を利用したものである。7.62x39mm弾を用いるAKMも、ロシア陸軍の一部部隊に限定して制式配備されており、AK-103もロシア警察の一部で運用されている。先進的なAN-94は、ロシア軍や警察・内務省の一部への限定的配備にとどまっている。

AK-101はストックなどにガラス繊維強化ポリアミドを用いている。折りたたみ式ストックは通常の固定型ストックのようだが、レシーバーの側面にきっちりと固定できる。

関連項目[編集]

出典[編集]