PP-2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PP-2000
Submachine gun PP2000.jpg
PP-2000
種類 マシンピストル/サブマシンガン
製造国 ロシアの旗 ロシア
設計・製造 KBP Instrument Design Bureau
仕様
種別 マシンピストル
口径 9mm
銃身長 182mm
使用弾薬 9x19mmパラベラム弾
9x19mm 7N21 +P+
9x19mm 7N31 +P+
装弾数 20/44発箱型弾倉
作動方式 ストレートブローバック
全長 555mm(銃床を伸ばした場合)340mm(銃床を折り畳んだ場合)
重量 1.5kg
発射速度 600-800発/分
有効射程 200m
歴史
製造期間 2004年-
配備先 ロシアの法執行機関
関連戦争・紛争 対テロ戦争
テンプレートを表示

PP-2000は、KBP Instrument Design Bureau社によって製造されるマシンピストルである。本銃は、モスクワで開かれたインターポリテック-2004における展示で最初に公開されたが、特許2001年に申請され、2003年に認められたものである。

概観[編集]

伝統的なブローバック方式の作動機構を持つ火器であり、重量は弾薬なしの状態で1.5kgである。

個人防衛および近接戦闘火器として設計されているうえ、警察鎮圧部隊特殊部隊での運用を意図している。このような銃は、世界中の軍隊や治安機関によって利用されている。

設計[編集]

9x19mmパラベラム弾用の薬室を持つうえ、ロシア製の新型弾薬である7N31 +P+徹甲弾を利用できるよう、特別な設計が施されている。本銃に徹甲弾の使用能力を付与することは、専用弾を使用するFN P90H&K MP7などの個人防衛火器に比肩することを意図している。

折りたたみストックを備えるが、銃の後部に予備の44発入り弾倉を装着して銃床として使用することもできる。コッキングレバーはボルトキャリアに直結されて銃正面上部に露出しており、左右どちらからでも操作できる。上面にはアクセサリーレールを備えており、光学照準器を搭載できるほか、フォアグリップ下部にフラッシュライトを装着できる。

使用国[編集]

登場作品[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]