NHKマイあさラジオ (関東・甲信越)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NHKマイあさラジオ > NHKマイあさラジオ (関東・甲信越)

この項では日曜・祝日を除く毎日7:40-8:00[1]に生放送されている『NHKマイあさラジオ』の関東甲信越地方向けのローカル枠について詳述する。

同枠は、『おはようラジオセンター』の時代から、全国共通の朝ワイド番組に内包番組として、関東・甲信越のNHK放送センター管内にある地域のNHKラジオ第1放送東京・渋谷甲府長野新潟の4局)をネットしての地域情報番組を提供している。番組の進行は基本的にその担当日の『マイあさラジオ』の全国パートを担当している女性キャスター(ニュースパートに関しては男性アナウンサー、気象情報パートは気象キャスター)がパーソナリティーを務めている。

なおこのコーナーは、IPサイマルラジオサービス2者(NHKネットラジオ らじる★らじる、及び、民放ラジオポータルサイト「radiko(2017年10月3日放送分~2018年3月30日までと[2]、同年4月13日放送分より1年間[3][4])」、並びにNHKワールド・ラジオ日本(国外向け短波放送)にも同時に配信しており、インターネットの接続環境があるパソコンスマートフォン、短波ラジオ受信機があれば、居住者や国外(短波のみ)の聴取者も聞くことができるが、ネットラジオの場合全国に向けて放送している。

大まかなコーナー構成[編集]

  • 交通情報 同枠では朝の通勤・通学の時間帯に当たるため、従前の番組同様、道路だけでなく鉄道・航空のダイヤ情報も伝えている。
  • 日替わりコーナー
    • 月曜日 市場情報 毎週週替わりで鮮魚、青果、果物、花きの市場スタッフをスタジオに招いたり、あるいは市場と電話を結び、季節の食べ物や花の話題について触れてもらう
    • 火曜日 くらしのテキスト 毎週週替わりで6人の専門家に様々なジャンルの話題について解説してもらう
    • 水曜日 マイあさレポート 首都圏放送センター管内の10都県にある放送局(東京横浜さいたま千葉前橋宇都宮水戸新潟長野甲府)を中継でつなぎ、首都圏の現状や問題点を記者・ニュースデスク・アナウンサーがレポートする
    • 木曜日 おでかけ関東・甲信越 首都圏放送センター管内の10都県のアナウンサー(契約キャスターも)が、週末に行われるイベント情報や、観光スポットを紹介する
    • 金曜日 金曜とっておき 首都圏放送センター管内10都県の観光情報や話題の人へのインタビューなどを、中継を交えて紹介する
    • 土曜日 歴史を探しに 首都圏放送センター管内10都県の歴史スポット、旧跡、古墳、城跡を中心にその歴史的な価値と周辺の観光スポットをナビゲーターが紹介する(2017年4月以降は表パートに進出)
    • 3月11日もしくは9月1日が平日・土曜日に重なる日 ラジオ災害情報交差点(ラジオライフラインネットワーク制作[6]
  • 首都圏のニュース気象情報(新潟・長野・甲府は日替わりコーナー終了の段階で県域放送。)
  • 朝の音楽(首都圏向けにはそれをBGMに道路交通情報)

脚注[編集]

  1. ^ 高校野球開催日のうち、4試合が行われ、かつ午前8時試合開始である時は7:55まで。年末年始は休止
  2. ^ NHKラジオ「radiko」に期間限定で配信 10月2日から半年間 ORICON NEWS 2017年9月20日
  3. ^ NHKラジオのradiko.jp配信、4月12日正午から全国へ拡大,AV Watch,2018年3月22日
  4. ^ ラジコでNHKラジオが聴ける4月12日(木)より、全国を対象に2018年度の実験配信を開始,株式会社radiko,2018年3月22日
  5. ^ おはよう日本・関東甲信越」も同様だが、JRは東京駅からではなく東京総合司令室から同社所属の女性職員が伝える。ただし平日7:55のみ高瀬耕造が担当。私鉄については東海道新幹線とともに保里小百合または林田理沙(土曜は新井秀和)が伝える。
  6. ^ NHKTBSラジオ文化放送ニッポン放送ラジオ日本TOKYO FMJ-WAVE都営水道テプコHD東京ガスNTT東日本docomo

出典[編集]

外部リンク[編集]