mruby

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
mruby
Mruby logo red.svg
作者 まつもとゆきひろ
開発元 まつもとゆきひろ
初版 2012年4月20日 (10年前) (2012-04-20)
最新版 3.0.0 - 2021年3月5日 (17か月前) (2021-03-05)[1] [±]
最新評価版
3.0.0 / 2020年10月16日 (21か月前) (2020-10-16)[2]
リポジトリ ウィキデータを編集
プログラミング
言語
C言語Ruby
対応OS クロスプラットフォーム
種別 Rubyインタプリタ
ライセンス MITライセンス
公式サイト mruby.org ウィキデータを編集
テンプレートを表示

mruby (エムルビー) は、組み込みシステム向けの軽量なRuby言語処理系である[3]。このプロジェクトはRubyの開発者であるまつもとゆきひろがリーダーを務めており、100人以上がこのプロジェクトに貢献している。

機能[編集]

mruby 1.0ではRuby 2.1のコアAPIをサポートしているが、標準ライブラリはサポートしていない。 mrubyは基本的なRubyコードの実行に加えて、LuaのようにC言語C++に簡単に組み込むことができるようになっている。

mrubyは「ISO/IEC 30170:2012」に準拠することを目標としている[3]

[編集]

C言語からmrubyを呼び出す場合
#include <stdio.h>
#include <mruby.h>
#include <mruby/compile.h>

int main(void) {
    mrb_state *mrb = mrb_open();
    char code[] = "5.times { puts 'mruby is awesome!' }";

    printf("Executing Ruby code with mruby:\n");
    mrb_load_string(mrb, code);

    mrb_close(mrb);
    return 0;
}
以下のコマンドでコンパイルと実行ができる[4]
$ cc example.c -lmruby -lm -o example
$ ./example
プリコンパイルされたバイトコード
mrubyにはmrubyバイトコードを実行するための最小限の仮想機械が組み込まれている。
$ mrbc test.rb
$ mruby -b test.mrb
最初のコマンドはRubyコードをmrubyバイトコードにコンパイルを実行し、「test.mrb」というファイルが生成される。このファイルはmrubyインタプリタにコマンドライン引数として「-b」を渡すことで実行することができる[5]

脚注[編集]

  1. ^ Releases”. GitHub. 2021年3月9日閲覧。
  2. ^ Releases · mruby/mruby · GitHub”. GitHub. 2020年12月31日閲覧。
  3. ^ a b mruby”. mruby.org. 2019年9月25日閲覧。
  4. ^ Getting Started With Mruby”. 2018年7月19日閲覧。
  5. ^ An Introduction to Mini Ruby”. 2018年7月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]