Ruby Document format

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

RDRuby Document format)はドキュメントフォーマットの1つで、Rubyスクリプトに埋め込み可能であるため、Ruby関連のドキュメントによく使用される。Wiki文法に似たマークアップを持ち、HTMLなどよりも簡潔に記述できる。

マークアップ[編集]

Rubyスクリプトに埋め込む場合は=begin=endで囲んだ部分に記述する。

見出し[編集]

RDで見出しは次のように記述する。

 =最大見出し
 ==大見出し
 段落1
 ===中見出し
 段落2
 ====中小見出し
 段落3
 +小見出し
 段落4
 ++最小見出し
 段落5

出力されるHTMLはほぼ以下のようなものである。

 <h1>最大見出し</h1>
 <h2>大見出し</h2>
 <p>段落1</p>
 <h3>中見出し</h3>
 <p>段落2</p>
 <h4>中小見出し</h4>
 <p>段落3</p>
 <h5>小見出し</h5>
 <p>段落4</p>
 <h6>最小見出し</h6>
 <p>段落5</p>

箇条書き[編集]

 * 順序の無い箇条書き。
 
 * 続き。改行があってもよい。
   * 入れ子にすることができる。
 
 (1) 順序つきの箇条書き
 (2) 続き
     * 違う種類の箇条書き
 
 :HTML
   HyperText Markup Language の略。
 :RD
   Ruby Document format の略。

上のRDはほぼ以下のように変換される。

 <ul>
   <li>順序の無い箇条書き。</li>
   <li>2つめの項目。改行があってもよい。
     <ul>
       <li>入れ子にすることができる。</li>
     </ul>
   </li>
 </ul>
 <ol>
   <li>順序つきの箇条書き</li>
   <li>続き
     <ul>
       <li>違う種類の箇条書き</li>
     </ul>
   </li>
 </ol>
 <dl>
   <dt>HTML</dt>
   <dd>HyperText Markup Language の略。</dd>
   <dt>RD</dt>
   <dd>Ruby Document format の略。</dd>
 </dl>

項目が入れ子になるかどうかは、字下げの深さ(スペースの数)が等しいかどうかで判定される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]