影舞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
影舞
開発元 大福屋
最新版 0.8.8 / 2008年3月9日
プログラミング言語 Ruby
対応OS クロスプラットフォーム
種別 バグ管理システム
ライセンス GNU General Public License v2
公式サイト http://www.daifukuya.com/kagemai/
テンプレートを表示

影舞(かげまい)はRubyで記述されている、Webベースのバグ管理システム[1]

概要[編集]

インストール及び運用が簡単に行えることが特徴である。実際、インストールはアーカイブファイルを展開してウェブサーバにコピーするだけでほぼ完了する。その後の詳細な設定は管理画面から行う。

日本で開発されているため、ドキュメント類が日本語で用意されていること、開発者によるサポートが日本語で受けられることなどから、日本国内では比較的広く使用されている。

最初に公開は2002年[2]と、バグ管理システムとしては比較的古くから存在する。また、日本発のバグ管理システムは他にはあまり存在していないため、その点では稀有な存在である。tDiaryと並んで、Rubyで開発されたオープンソースプログラムとしても知られる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ソフトウエアを作る環境を楽しくするフリーソフト
  2. ^ http://www.daifukuya.com/kagemai/news.html

外部リンク[編集]