Jin-Machine

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jin-Machine
出身地 日本の旗 日本宮城県
ジャンル ロック
活動期間 2005年 -
レーベル ヤマハミュージックコミュニケーションズ
公式サイト 公式ウェブサイト
メンバー featuring16(ボーカル
あっつtheデストロイ(ボーカル)
マジョリカ・マジョルカ・マジカルひもり(ギター
ルーベラ・木村・カエレ(ドラムス
レジデンス涼羽-178(ベース
旧メンバー ブッシュドノエル・水月・アリッサ(ベース

Jin-Machine(ジンマシーン)は、日本ヴィジュアル系バンドである。愛称はジンマ

概要[編集]

宮城県仙台市出身の5人組バンド。featuring16を中心に2005年頃結成[注 1]。2011年に現在の体制となる。

クリーンパートとデスパートに分かれたツインボーカルによる掛け合いと、メタルを基とした曲調にポップパンクプログレ、果ては演歌レゲエボサノヴァなど様々な要素をカラフルに織り交ぜたミクスチャーロックに、時事ネタや社会問題などを題材としたヴィジュアル系らしからぬ世界観の歌詞を乗せた楽曲が特徴の一つ。

ステージ上では演奏にとどまらずコント、フリップ芸、大道芸や組体操などをライブ中に敢行するなど[1]、パフォーマーとしての一面も併せ持っている。メンバー自ら「一言で言うならコミックバンド」と述べるように[2]、メディアでは ”お笑い系ヴィジュアルバンド”、”面白いヴィジュアル系” といったカテゴリで紹介されることが多いが、演奏面や音楽性の面でも高い技術を持つと評される[3][4][5]

そのスタイルからゴールデンボンバーと比較されることも多いが、彼らとは同期であり過去には対バンなども行っており、共にお笑いを出自とするボーカル同士のfeaturing16と鬼龍院翔とは現在も親交がある。

バンドコンセプトは「バンギャを始め、家族全員で楽しめるビジュアル系」[6]。ライブのことを「ミサ」と呼ぶ[7]

メンバー[編集]

featuring16(フィーチャリングイチロー):MC / Vocal(クリーンパート)
ボーカル担当。生年月日は非公開、血液型は棄てた
Jin-Machineのボーカルである一方、宮城県を拠点とする芸人事務所ティーライズに現在も所属するお笑い芸人である[注 2]。この一見対極とも言える二足の草鞋について、本人は「舞台に立って人を楽しませるという点で、自分にとっては同じだった」としている[2]
通称閣下。これは結成当時、「聖飢魔IIのようなバンドを目指そうとしていたが挫折した」というエピソードをもとに誕生した呼び名である。
ライブでは主にクリーンパートのボーカルを担当。制作面ではほぼ全ての歌詞を担当している。
あっつtheデストロイ:破壊 / Vocal(デスパート)
ボーカル担当。1月12日生まれで、血液型はO型。
公式プロフィールによる担当パートは破壊と称されているが、ステージ上で破壊行動を行うわけではなく、シャウトやグロウルなどを駆使したデスボイスによる歌唱やヲタ芸等のパフォーマンスをメインに行う。
痩身長髪にコープス・ペイントを連想させる白塗りメイクというブラックメタルミュージシャンに見られるような出で立ちの通り、本人もメタルを愛好するが、その一方で自他共に認める "ガチヲタ" であり、声優の水樹奈々を崇拝している。2013年に出演したNHK仙台のイベント「センバク!」では、録画ゲストの水樹奈々にコメントで言及され感極まって床に激しく頭をこすりつけるシーンが見られた[8]
愛称はあったま
マジョリカ・マジョルカ・マジカルひもり:ギタ―――(゚∀゚)―――!! / Guitar
ギター担当。1988年3月3日生まれで、血液型はずっとO型だと思い込んでいたが後にB型と発覚。
Jin-Machineでの実質的なメインコンポーザーであり、大部分の作曲、アレンジを担当する。近年の作品では作詞作曲の両方や歌唱をつとめた楽曲もある。
担当楽器のギターの他に、ピアノ、ベース、ドラムの演奏もこなすマルチプレイヤーの顔も持ち、ステージではコーラスも行う[9]
愛称はひもり、ひもりん
ルーベラ・木村・カエレ:ドラミ / Drums
ドラムス担当。2月23日生まれで、血液型はB型。
2010年半ばよりサポートとして加入し、2011年2月に正式に加入。
サポート時はキムと名乗り顔の全てを隠す仮面を着けていたが、2012年3月のO-Crestワンマン・ミサにおいてマスクを外した顔を披露[10]。その名残か、現在の衣装でも右目に仮面や眼帯、片眼鏡を着用している。
ひもりと同じく、担当楽器のドラムの他にピアノ、ベース、ギターの演奏をこなすマルチプレイヤーであり[11]、制作面では一部楽曲の作曲も担当している。
レジデンス涼羽-178:ていおん! / Bass
ベース担当。
水月脱退後の2017年7月16日より、サポートとしてJin-Machineに加入。同年11月12日に正式メンバーとなる。

元メンバー[編集]

天竺 葵(てんじく あおい)
ギター担当。Jin-Machine以外にもバンドを掛け持ちしていたが、2008年脱退。
エリザベスおしん
ギター担当。2009年3月3日付で脱退。
こじまひろ
ギター担当。2009年5月8日付で脱退。
YASU(ヤス)
ベース担当。2009年4月27日付で脱退。
村田“ポンチ”田吾作
ドラム担当。2009年3月脱退。現在は東北で活動するヴィジュアル系バンド、Aiglareで活動している。
ブッシュドノエル・水月・アリッサ
ベース担当。
血液型はA型。名前が長いため、単に「水月(ミズキ)」と名乗ることが多い。愛称はみずにゃん、みっちゃん
Jin-Machineでの活動の傍ら、仙台限定でDのローディーも務める。赤髪(現在はピンク)がトレードマーク。
X-JAPANhideを尊敬しており、Xにヴィジュアルショックを受け、ヴィジュアル系を志す。メンバー内で唯一ヴィジュアル系をルーツとする。 生真面目な性格だがやや天然であり[12]、その言動は時としてお笑い芸人を出自とするfeaturing16をも困惑させる。
2017年4月21日、家庭の事情のため同年7月9日をもってJin-Machineを脱退することを発表し、同月同日、脱退。

来歴[編集]

2005年某日、featuring16を中心に宮城県仙台市で結成。翌年以降、年1度のペースでワンマンライブを敢行。

2007年、NHK仙台主催の音楽イベント「伊達者音楽闘技場」にて優勝。

2008年、NHKMUSIC JAPAN」に出演。

2010年、ニコニコ大会議in仙台に出演。メンバー各々が「弾いてみた」動画を投稿したり、公式チャンネルの設立など活動の幅を広げる。

2011年、東京に進出。この年、V-ROCK FESTIVALに出演した他、ニコニコ公式キャラバン仙台にてfeaturing16が幹事を務める。

2012年、ニコニコ公式チャンネルを設立。エイベックス主催イベントa-nationに出演を果たしたほか、イベント、ワンマンツアーも行う。

2013年、10thシングル「バーニング俺ファイヤー」が第95回全国高校野球選手権記念埼玉大会中継テーマソングに起用された[13]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 形態 規格品番 収録曲 備考
1 2007年9月29日 ティーライズ社歌 CD TKUP-021
2 2008年11月26日 激震・食の安全 CD 廃盤。
3 2009年7月1日 The Legend of Ultimate 〜第一楽章〜「呪縛」 CD JMC-006 三ヶ月連続リリース第一弾。廃盤。
4 2009年8月5日 The Legend of Ultimate 〜第二楽章〜「狂気」 CD JMC-007 三ヶ月連続リリース第二弾。廃盤。
5 2009年9月2日 The Legend of Ultimate 〜最終楽章〜「薔薇」 CD JMC-008 三ヶ月連続リリース第三弾。廃盤。
6 2011年11月20日 母に捧げる破羅亜怒 CD KUSOCD-001 マキシシングル。廃盤。
7 2012年8月1日 節電夏 CD+DVD JMCD-002A(Aタイプ) オリコンインディーズチャート初登場6位
CD JMCD-002B(Bタイプ)
8 2012年11月7日 さよならアキラメロン CD+DVD JMCD-003 オリコンインディーズチャート初登場19位
9 2013年8月7日 バーニング俺ファイヤー CD XWCW-30001 第95回全国高校野球選手権記念埼玉大会テーマソング
10 2014年3月12日 ばいばい CD+DVD YWCW-30037(A盤) オリコン週間チャート初登場42位
YWCW-30038(K盤)
YWCW-30039(B盤)
11 2014年10月1日 さよなら†黒歴史 CD+Tシャツ YCCW-30042(豪華版) オリコン週間チャート初登場46位
CD YCCW-30043
12 2015年9月30日 ゴリラ CD YCCW-30044(ニシローランドゴリラ盤) オリコン週間チャート29位
YCCW-30045(ヒガシローランドゴリラ盤)
YCCW-30046(マウンテンゴリラ盤)
13 2016年1月27日 NEVER SAY NEVER CD YCCW-30048 【Type-A】 オリコン週間チャート24位
YCCW-30049 【Type-B】
YCCW-30050 【Type-C】
14 2016年8月3日 †夏☆大好き!ヴィジュアル系† CD YCCW-30051(宇治金時盤) オリコン週間チャート25位
YCCW-30052(いちご練乳盤)
YCCW-30053(ブルーハワイ盤)
YCCW-30054(みぞれ盤)
15 2017年3月15日 がんばれ!桜、アディオス CD YCCW-30060 オリコン週間チャート89位
16 2017年12月13日 売れたくて CD YCCW-30066(TYPE-A)
YCCW-30067(TYPE-B)
YCCW-30068(TYPE-C)

スタジオ・アルバム[編集]

発売日 タイトル 形態 規格品番 収録曲 備考
1 2010年10月26日 MEMBER CD 不明
2 2012年5月23日
2013年3月27日(2nd Press)
かってくれ〜 CD+DVD JMCD-001 初の"セカンド"フルアルバムという位置付け。
CD JMCD-008(2nd Press)
3 2015年2月11日 種まき蔵 CD+DVD YCCW-10251/B(松コース) オリコン週間チャート初登場27位
YCCW-10252/B(竹コース)
CD YCCW-10253~4(梅コース)
4 2017年3月15日 全日本おもしろ選手権 CD+DVD YCCW-10300/B(タイツA) オリコン週間チャート初登場45位
YCCW-10301/B(タイツB)

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 形態 規格品番 収録曲 備考
1 2012年11月7日 捨てました CD JMCD-004(日本流通盤) featuring16が自宅に抱えたCD在庫を廃棄したため、後に需要が出た楽曲を現メンバーによって再録[14]
JMCD-005(どっかからの輸入盤)
2 2013年3月27日 捨てまメロン CD JMCD-009 ミニアルバム『捨てました』と、シングル「さよならアキラメロン」に収録された曲を合わせた作品。
3 2013年6月19日 ビジュアル戦隊バンド麺サウンドトラック CD JMCD-010 DVD作品「ビジュアル戦隊バンド麺」のサウンドトラック。
4 2013年11月6日 UNCERTAIN 【DE】CISION CD+DVD YCCW-10208/B(豪華盤) オリコン週間チャート初登場83位
CD YCCW-10209(安いヤツ)

限定販売[編集]

発売日 タイトル 形態 規格品番 収録曲 備考
1 2008年10月24日 ZONBIE de SAMBA CD JMC-004 ライヴ会場限定販売、現在廃盤。
2 2012年3月23日 ティーライズ社歌2012 CD JMCD-000 ライヴ会場限定販売、現在廃盤。
3 2012年12月16日 クリスマスおわっちゃった CD+DVD JMCD-006 フールズメイト誌上限定リリース。
4 2013年1月24日 漆黒の舞踏会 CD JMCD-007 ライヴ会場限定販売、現在廃盤。
5 2014年7月26日 マグロご期待ください CD JMC-666 ライヴ会場限定販売

参加作品[編集]

  発売日 タイトル 形態 規格品番 収録曲 備考
1 2010年8月1日 MVP48 CD MVP48-001 8. 違法コピーしたら殺す 東北のヴィジュアル系バンド12組が参加したオムニバスアルバム。

DVD[編集]

発売日 タイトル 形態 規格品番 収録内容 備考
1 2013年6月19日 ビジュアル戦隊バンド麺 DVD JMDVD-001 木更津市のご当地ヒーロー鳳神ヤツルギ全面協力の元、本物の特撮スタッフにより撮影された映像作品。
DVD+CD JMDVD-002(豪華BOXセット)

楽曲提供[編集]

書籍[編集]

  • アーティスト・ブック『読んでくれ〜』 2013年7月31日、フールズメイト ISBN 978-4938716813
  • 『最短合格!ジンマ式 よくわかるジンマシーン3級合格ドリル~Jin-Machineだいたい結成5年記念公式本~ 』 2016年3月9日、ヤマハミュージックメディア ISBN 978-4-636-92974-4

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 公式プロフィールでは2006年頃。featuring16曰く「ふわふわな時期があった」とのこと。
  2. ^ ただし現在ではお笑い芸人として舞台に立つ機会は激減しており「年に1回あるかないか」であるという[2]

出典[編集]

  1. ^ 曲のタイトルに「黒歴史」、ステージで組み体操……ヴィジュアル系バンドJin-Machineがいろいろおかしい”. ねとらぼ. 2017年4月26日閲覧。
  2. ^ a b c 「Interver File Cast」ジョイフルタウン Vol.49、2014年、p.494
  3. ^ 【インタビュー】Jin-Machine、10代特有の思い返すと恥ずかしい思い出が題材の「さよなら†黒歴史」”. BARKS. 2017年4月26日閲覧。
  4. ^ Jin-Machine(2015.10月号掲載 DI:GA interview)”. DISK GARAGE. 2017年4月27日閲覧。
  5. ^ 「Interver File Cast」ジョイフルタウン Vol.55、2017年、p.429
  6. ^ Jin-Machine Offisial Web Site Biography”. 2017年4月26日閲覧。
  7. ^ BIOGRAPHY”. Jin-Machine OFFICIAL WEB SITE. 2015年8月11日閲覧。
  8. ^ 仙台貨物、Jin-Machine、えんそくが復興ソングを熱唱! 「センバク!」レポ”. ウレぴあ総研. 2015年5月8日閲覧。
  9. ^ 【V系】Jin-Machine・ひもり(G)単独インタビュー「すべてはゴリラ頼みです!」”. ウレぴあ総研. 2017年4月27日閲覧。
  10. ^ 「FOOL'S MATE」2012年6月号
  11. ^ 【V系】「パーフェクト人間になりたかった」Jin-Machine・ルーベラ・木村・カエレ インタビュー”. ウレぴあ総研. 2017年4月26日閲覧。
  12. ^ 【V系】「みんなして自己中なんすよね」Jin-Machine・あっつtheデストロイ インタビュー”. ウレぴあ総研. 2017年4月27日閲覧。
  13. ^ バーニング俺ファイヤー / Jin-Machine”. YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS. 2015年8月11日閲覧。
  14. ^ FOOL'S MATE I.S. No.009 2012, p. 54.

参考文献[編集]

  • 『Interview File Cast Vol.55』ジョイフルタウン、2017年4月10日、pp.418-439。
  • 『Interview File Cast Vol.49』ジョイフルタウン、2014年4月9日、pp.494-509。
  • 『読んでくれ〜』フールズメイト、2013年2月6日。ISBN 978-4938716813
  • 『Stuppy Vol.1』タツミムック、2014年6月1日、pp.86-87。ISBN 978-4-7778-1312-4
  • 『FOOL'S MATE 2012年2月号』フールズメイト、2012年1月29日、p.93。
  • 『FOOL'S MATE 2012年6月号』フールズメイト、2012年5月29日、pp.34-36。
  • 『FOOL'S MATE 2012年8月号』フールズメイト、2012年7月29日、pp.24-27。
  • 『FOOL'S MATE 2012年12月号』フールズメイト、2012年7月29日、pp.46-28。
  • 『FOOL'S MATE 2013年1月号』フールズメイト、2012年12月29日、pp.52-55。
  • 『FOOL'S MATE 2013年2月号』フールズメイト、2013年1月29日、pp.70-73。
  • 『FOOL'S MATE I.S. No.008』フールズメイト、2012年8月19日、pp.81-86。
  • 『FOOL'S MATE I.S. No.009』フールズメイト、2012年12月8日、pp.54-56。
  • 『サイゾー 2013年4月号』株式会社サイゾー、2013年4月1日、pp.22-23。
  • 『Cure Vol.106』エイジアハウス株式会社、2012年7月1日、pp.114-115。

外部リンク[編集]