Ja,Zoo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ja,Zoo
hideスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル オルタナティヴ・ロック
インダストリアル・ロック
時間
レーベル ユニバーサルビクター
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1998年度年間40位(オリコン)
  • 1999年度年間34位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ミリオン(日本レコード協会
  • hide 年表
    tune-up hide remixes
    1997年
    Ja,Zoo
    1998年
    hide BEST 〜PSYCHOMMUNITY〜
    2000年
    『Ja,Zoo』収録のシングル
    1. ROCKET DIVE
      リリース: 1998年1月28日
    2. ピンクスパイダー
      リリース: 1998年5月13日
    3. ever free
      リリース: 1998年5月27日
    4. HURRY GO ROUND
      リリース: 1998年10月21日
    テンプレートを表示

    Ja,Zoo』(ヤ・ズー)は、日本アーティストhideの3枚目のアルバム。2008年12月3日にSHM-CDとして再発売された。

    概要[編集]

    hideの死後発売されたアルバム。 急逝後のシングル「ピンクスパイダー」「ever free」が大ヒットを記録したこともあり、hideのソロワークとしてはシングル・アルバム含め最大の売り上げとなっている。 オリコンでの累計売上は、X JAPAN時代を含めても最大セールスである。

    タイトルは「日本人(Japanese)」と、収録曲の仮タイトルに動物の名前が多かったので「動物園(Zoo)」の2つのキーワードを合わせた造語である。 ジャケットのデザインやタイトルの読みを"ヤ・ズー"としたのは『ガリバー旅行記』の「ヤフー(yahoo)」(人間に似た愚かな動物)に由来する。 10曲目の「PINK CLOUD ASSEMBLY」だが、21分43秒と異様な収録時間をしているが、それには理由がある。

    I.N.A は『平成10年5月2日を忘れないでほしい』と願いを込め、track 10 58:28を「平成10年5月2日」に見立てている。

    また、収録時間の調整に使われたために、無音とデジタル音が交互に鳴り響くが、本来であれば13曲の収録予定で有り、3曲足りない分鳴らされている。 これはhideとのやり取りを通信している様子を取り入れたものである。

    構想段階の話ではあるが全13曲の予定だった。 曲の一つ「コギャル」は歌を録音していないだけ[1]I.N.A曰く「かっこいい曲」。 hideの歌としての音源化は不可能だが、カバー曲としてライブで歌われており『1998 Tribal Ja Zoo DVD』には収録されている。

    その後、「子ギャル」は本アルバム収録当時に残されていたデモ音源を元に、生前に発表した曲のボーカルトラックのみを使用し、歌詞に合わせボーカロイドの様に1音1音を繋ぎ合わせ、それでも足りない部分を未公表(2014年時点)とされているYAMAHAのボーカロイドの新技術を採用し完成させ、2014年12月10日にhide生誕50周年記念アルバム『子 ギャル』として発売された。

    そして、これにより完全に幻の曲は「ZOMBIE'S ROCK」のみとなった。 なお、この曲はタイトルしか判明しておらず、デモ音源すら遺されていない完全にhideの頭の中にだけ存在していた作品のため、音源化は不可能とされる。 子ギャルのブックレットの最終ページにはJa,Zoo is complete.と記載されている。(hide手書きのトラックリストも記載、順番は1998年にリリースされたものとは異なる。)

    収録曲[編集]

    1. SPREAD BEAVER[2]
    2. ROCKET DIVE
    3. LEATHER FACE
      • zilchのアルバム『3・2・1』収録の「INSIDE THE PERVERT MOUND」のセルフカバー。
    4. PINK SPIDER
    5. DOUBT '97(MIXED LEMONed JELLY MIX)
    6. FISH SCRATCH FEVER[2]
    7. ever free
    8. BREEDING
    9. HURRY GO ROUND[2]
      • アウトロがシングル版に比べ、長く編集されている。
    10. PINK CLOUD ASSEMBLY[2]
      • hideが生前インタビューなどで話していた「ピンクスパイダーの続き」となる曲。ナレーションはhideの実弟でマネージャーの松本裕士。

    (全作詞・作曲:hide

    以下、アルバム『子 ギャル』のブックレットに記載された、生前に残された2種類の曲順を記載。

    1. SPREAD.
    2. ZOMBIE'S ROCK
    3. ROCKET DIVE
    4. LEATHER FACE
    5. -
    6. -
    7. PINK SPIDER
    8. DOUBT
    9. 子ギャル
    10. HURRY Go round
    11. BREEDING
    12. ever free
    13. PINK CLOUD A.
    1. ROCKET DIVE
    2. PINK SPIDER
    3. EVER FREE
    4. FISH
    5. DOUBT (MIXED LEMONed)
    6. LEATHER FACE
    7. BREEDING
    8. Hurry Go Round
    9. SPREAD BEAVER
    10. PINK CLOUD ASSENBLEY
    11. ZOMBIE'S ROCK
    12. 子GAL

    脚注[編集]

    1. ^ ライナーノーツには「『FISH SCRATCH FEVER』の最後に少しだけ入れた。」と記載されているが、正しくは『memo4-RAP』(仮)で別物。
    2. ^ a b c d hideが生前に残していた音源からSpread Beaverのメンバーが完成させた曲