JW-10

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JW-10
TOSHIBA JW-10.JPG
JW-10(東芝科学館
開発元 東芝
種別 日本語ワードプロセッサ
発売日 1979年2月
標準価格 630万円
CPU 約0.2MIPS

JW-10(ジェイダブリュー・テン)は、1978年昭和53年)9月26日日本東芝が発表し、翌年2月に出荷開始した世界初の日本語ワードプロセッサである[1]。「TOSWORD JW-10」という表記がなされることもあるが[2]、JW-10の段階ではまだ「TOSWORD」の愛称をもたなかった。東芝製の業務用ワープロに「TOSWORD」の愛称が冠せられたのは後年である[3]

概要[編集]

価格は630万円。重さは220kg。片袖机ほどの大きさの筐体に、キーボードブラウン管、10MBのハードディスク、8インチフロッピーディスクドライブプリンターが収められている[4]。開発当初は普及を疑問視する声もあったが[5]、JW-10の開発によって培われたかな漢字変換の技術は、日本語入力システムの全てにおいて当然のように使用されるようになり[6]、東南アジアの諸言語のワードプロセッサの開発にも応用されている[7]第6回データショウにてJW-10が発表された9月26日は「ワープロの日」として制定されている[8]

開発[編集]

開発のきっかけは1971年頃、のちにJW-10の開発者となる森健一と、新聞記者との雑談であった。この雑談の際、「欧米の新聞記者に比べて、日本の記者は記事を書くのが遅い」ことが話題となった。森はそれが道具の差であるとして、日本語ワードプロセッサの構想を持った[9]

日本語ワープロの最大の問題は、漢字の入力方法だった。すでに1915年には、杉本京太邦文タイプライターを開発していた。しかしこのタイプライターの入力方式は、広い板の上に一つ一つ配置された漢字を選択するというものであり、使いこなすには大変な熟練を必要とした。

1970年代の日本語ワープロの研究開発は、森の所属していた東芝のほか、沖電気NECシャープなど各社でも行われていた。この頃に主流となった研究モデルは、かな漢字変換ではなく、連想式と呼ばれる方式であった。この方式はかな文字を2つ入力すると漢字に直接変換する方法で、変換に特殊な処理を必要としない。そのためワープロの漢字入力方法として最有力視されていた。しかしこの方式では、変換できる漢字の数がキーボードの組合せの数までしか割り当てることしかできない。また、一つの漢字に対する変換方式をいちいち覚えていかなければならないため、修得するには大変な努力が必要となる等の欠点がある。

森は「誰でも」入力できることを念頭において、あえて主流である連想式ではなく、かな漢字変換方式を採用した。しかしながら当時、かな漢字変換の研究は、一部の学者のみが行っているという程度であり、参考となる資料もほとんどなかった。当時の九州大学工学部の教授である栗原俊彦はこの研究を行っていたが、彼は沖電気と共同でこの研究を行っており、森が協力を得ることはできなかった。

そこで森は、九州大学工学部出身の新入社員である河田勉を、当時京都大学助教授だった長尾真のもとへ1年間国内留学(研究生)させた。長尾はコンピュータによる日本語の構文解析の研究を行っており、河田にはそこで形態素解析の研究を行なわせた。

また森自身も、かな変換用の辞書を造るために日本語の文法を徹底的に勉強し、計量国語学の学会にまで入った[10]

このとき河田は、京都大学で文字認識の研究をしていた大学院生の天野真家と出会う。天野は河田から東芝にくるように誘いを受け、開発メンバーの一人として迎えられた。

このようにして開発メンバーが増えたが、しばらくはアンダー・ザ・テーブル(正式な研究になるまでの探索過程の非公式な研究)で行われた。最初の頃は森が全体の管理を行い、形態素解析のプログラムを河田が開発し、それを用いて意味・文法解析アルゴリズム全体の設計を天野が行っていた。しかし文法論が充実するにつれ、だんだんと2人でのプログラミングでは足りなくなってきた。そこで森の紹介により、新たな開発メンバーとしてプログラマーの武田公人が加わり、主に固有名詞の処理プログラムを担当した[11]

1976年4月にかな変換の有効性に対してある程度の妥当性がでてきたところで、「日本語処理の研究」に関する研究企画書を提出し、本格的な研究が始まった。

こうして1977年11月頃に青梅工場で本格的な開発が始まった。青梅工場の技術者によって、キーボードやディスプレイの動作確認を行うためのハードウェアが作成され、このハードウェア上で、JW-10のOSや、かな漢字変換の一部、エディタなどほぼ全ソフトウェアが開発された。天野は仕様書も流れ図も持たず、頭の中にあったアイディアを直接キーボードで打ち込んでいた[12]

森は日本語ワープロの設計思想を以下のようにまとめている。

  1. かな漢字変換(誰でも手書きより速く入力ができること)
  2. ポータブル機能
  3. アクセス機能

このうち、最終的にJW-10で達成されたのは1のみであった。


  • (開発の概要・略年表・開発者など)
  • 天野真家/森健一/青梅工場/辞書/漢字用ハードウェア
  • OS/かな漢字変換/エディタ/ユーティリティ

かな漢字変換[編集]

JW-10キーボード部分

JW-10のかな漢字変換部は2層になっている。基本的には、ごくオーソドックスな現代日本語文法のベースである学校文法橋本文法)が規定しているような、「自立語 + 付属語の0個以上の繰返し」という文節のつらなったものとして入力を扱おうとするわけであるが(入力途中では文の全体があるわけではないから、通常の文から構文木を構築するいわゆる構文解析は、かな漢字変換では不可能である)、それだけでは「第32回情報処理学会全国大会で」のような、特に固有名詞の場合に深刻であるが、「語」として辞書に登録するのは非現実的な自立語が現実の文章には続出する。そこで、その下の第1層と考えられる部分として、そのような語(言語学では複合語と呼んでいる[13])の合成を扱うことで実用的な、かな漢字変換を実現した。以上の手法の基本的な部分はその後の多くのかな漢字変換システムが踏襲したところであるが、JW-10の第1層では「局所意味処理」[14]と呼んでいる手法を考案・実装し精度を上げている。[15]

漢字変換における最大の課題は同音異義語の選択であった。この解決には文章の前後関係を利用して変換文字を決定する方法と、使用頻度を元に判定する方法がとられた。使用頻度の判定には、全体の使用頻度と、最も直前に使用された漢字の頻度分布の2種類を使用した。森は「この着想が得られなかったら日本語ワードプロセッサは実用にならなかったかも知れない」とまで後に語っている[16]

かな漢字変換で使用する辞書には、当時にしては大容量の10メガバイトのハードディスクを搭載した。最大で8万語まで単語の登録が可能であり、頻度情報は使用者別に管理を行っていた。辞書に登録されていた普通単語は 5万4千語、固有名詞が8千語であった。またこの標準登録語以外にも、ユーザが自分で単語を登録することができた。

JW-10の変換方法は、現在[いつ?]のような文章から文節を自動で判別する方法ではなく、文節を手動で入力する方法である。 JW-10 のかな漢字変換には2種類の方式があり、一つは「文節指定入力」もう一つは「漢字指定入力」である。このモードはキーボードの右上にはトグルスイッチで切り替えることが可能である。

文節指定入力は、各文節ごとにユーザーが文節ボタンを押すことで、日本語の文節を決定する方法である。一方漢字指定入力は、漢字変換したい部分の前に漢字キーを押し、漢字変換しない部分の直前にかなキーを押して変換箇所を選択する方法である。例として「今日は良い天気です」という文章を変換する場合

(文節指定入力): キョウハ [文節] ヨイ [文節] テンキデス
(漢字指定入力): [漢字] キョウ [かな] ハ [漢字] ヨ [かな] イ [漢字] テンキ [かな] デス

というふうに入力する。

変換方式にも2種類あり、文節入力あるいは漢字入力ごとに逐次変換する「逐次選択」モードと、文章を打ち終わってから一気に変換する「一括選択」モードがあった。また同音異義語等で機械では確定できないような場合は、その箇所が点滅し、正しい文字を選択・決定するという方法がとられた。

エディタ[編集]

エディタとは、校正・編集を行う機能部分を指す。1970年代、エディタといえばプログラムを書く「ラインエディタ」だった。これは、電動タイプライターに計算機用のインタフェースをつないだ「テレタイプ」でプログラムを1行ずつ入力し紙に打ち出す、というものである。モニタを使用したスクリーンエディタはまだ一般には使われていなかった。

JW-10のエディタは天野が中心となって開発し、以下の設計原理で開発を行った。

  1. 統一された原理で操作できること
  2. 思考を中断させないこと

このうち前者は、全ての操作の順序を、まず「位置・範囲の指定」、次に「校正操作」という順で統一することで実現した。後者に関しては「同音語の決定」を使用者が好きなときに行えるようにし、タイプごとにいちいち決定しなくてもよいように作られた。打ちこみ続けても、JW-10の内部では同音語の全候補を保持したまま、画面上では最初の候補のみが点滅して表示されるので、そのままタイプを続けることができる。しかしコンピュータ上の制限により、文書用のバッファはそれほど大きくとれなかった。多量の同音語の候補を保持すると、文書をハードディスクに待避させる、という仮想メモリにおけるスワップと同じ現象がおきた。そのため「思考を中断させないこと」については、技術上の制限により、完全な形での実現はできなかった[17]

評価その他[編集]

表彰


開発者のその後[編集]

2007年12月、退職時に日本語ワープロ開発の業績に対する栄誉が人事的に付けられないことを受け東芝を提訴する。[20]2011年4月8日に643万円の支払いを命じる一審判決が下される[21]

脚注[編集]

  1. ^ 前掲「コンピュータ博物館:日本のコンピュータ:日本語ワードプロセッサ:東芝:JW-10
  2. ^ 情報処理学会コンピュータ博物館:ライブラリ:実物の所在地情報」 情報処理学会。(閲覧:2007年11月17日。
  3. ^ 前掲「漢字・日本語処理技術の発展:日本語ワードプロセッサの誕生とその歴史」、1218頁
  4. ^ 前掲「漢字・日本語処理技術の発展:日本語ワードプロセッサの誕生とその歴史」、1224頁
  5. ^ 前掲「日本語ワープロ開発の極秘メモを暴露!?----立教大学・産業関係研究所シンポジウムから
  6. ^ 湘南工科大学天野研究室「プロジェクトX物語 3:日本語ワードプロセッサの世界」 湘南工科大学。(閲覧:2007年11月17日。)
  7. ^ 前掲「日本語ワープロを開発した森健一さん
  8. ^ 情報処理学会歴史特別委員会『日本のコンピュータ史』131頁 , オーム社
  9. ^ 前掲「日本語ワープロの誕生」、7頁
  10. ^ 前掲 「日本語ワープロを開発した森健一さん」より
  11. ^ 前掲「車上技術史 - 武田さんのこと」より
  12. ^ 前掲「車上技術史
  13. ^ 出典を含め「橋本文法を逸脱する」といったように説明されていることも多いが、橋本文法を含め言語学がこのような複合語の存在と運用を無視しているわけではない。単に、文節論とは違って、かな漢字変換で使うのに便利な理論が一般理論として存在しない、というだけである。
  14. ^ 天野真家,河田勉: かな漢字変換における局所意味分析, 昭和55年電子通信学会総合全国大会5-217, 1980
  15. ^ 前掲 漢字・日本語処理技術の発展:日本語ワードプロセッサの誕生とその歴史 1220頁
  16. ^ 前掲 「日本語ワープロの誕生」31頁
  17. ^ 前掲「車上技術史 - エディタ」より
  18. ^ 平成14年度業績賞の表彰」より
  19. ^ 東芝ニュースリリース
  20. ^ 前掲「車上の技術史 - プレスリリース」より
  21. ^ ワープロ変換 発明対価643万円 地裁、東芝に支払い命令 - 2011年4月8日 日本経済新聞

関連書籍・参考文献など[編集]

論文[編集]

書籍[編集]

インタビュー・レポート[編集]

紹介文[編集]

DVD[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]