JBL 2012-13

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2012-2013 レギュラーシーズン、アイシンレバンガ秋田県立体育館
2012-2013 レギュラーシーズン、東芝パナソニックとどろきアリーナ
2012-2013 レギュラーシーズン、日立トヨタ代々木第二体育館

JBL 2012-13は、2012年10月5日から2013年4月まで、日本各地で行われたバスケットボールリーグである。JBLとしては最後のシーズンとなった。

参加チーム[編集]

試合方式[編集]

レギュラーシーズン[編集]

プレーオフ[編集]

  • 2013年4月6日開幕。
  • レギュラーシーズン1位と4位、2位と3位の組み合わせで3戦2勝方式のセミファイナルを戦い、勝者は5戦3勝方式のファイナルに進む。
  • セミファイナルはホーム・アンド・アウェー方式を採用。上位(1位・2位)のホームで2戦行った後、1勝1敗となった場合に下位(4位・3位)のホームで最終戦を行う。ファイナルは従来通り集中開催(代々木第二体育館)とする。

オールスターゲーム[編集]

結果[編集]

レギュラーシーズン順位[編集]

順位 チーム名 成績 勝率
1 アイシンシーホース 34勝8敗 .81 
2 トヨタ自動車アルバルク 32勝10敗 .76 
3 東芝ブレイブサンダース 29勝13敗 .69 
4 日立サンロッカーズ 22勝20敗 .52 
5 パナソニックトライアンズ 20勝22敗 .48 
6 リンク栃木ブレックス 13勝29敗 .31 
7 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ 12勝30敗 .29 
8 レバンガ北海道 6勝36敗 .14 

プレーオフ[編集]

2012-2013 プレーオフファイナル第3戦、アイシンシーホース対東芝ブレイブサンダース。代々木第二体育館
2012-2013 プレーオフファイナル第4戦、アイシンシーホース対東芝ブレイブサンダース。代々木第二体育館

セミファイナル(4月6日~9日)

勝者 スコア 敗者 会場
1 アイシンシーホース
(レギュラーシーズン・1位)
71 - 56 日立サンロッカーズ
(同・4位)
スカイホール豊田
2 72 - 37
1 東芝ブレイブサンダース
(同・3位)
80 - 83 トヨタ自動車アルバルク
(同・2位)
代々木第二
2 78 - 76
3 64 - 62 とどろきアリーナ

ファイナル(4月17日~22日)

優勝 スコア 準優勝 会場
1 アイシンシーホース 77 - 71 東芝ブレイブサンダース 代々木第二
2 61 - 65
3 67 - 74
4 74 - 65
5 58 - 54

最終順位[編集]

順位 チーム名
1 アイシンシーホース
2 東芝ブレイブサンダース
3 トヨタ自動車アルバルク
4 日立サンロッカーズ
5 パナソニックトライアンズ
6 リンク栃木ブレックス
7 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ
8 レバンガ北海道

オールスターゲーム[編集]

出場選手[編集]

  • EAST
HC ドナルド・ベック(トヨタ)
折茂武彦(レバンガ)
桜井良太(レバンガ)
網野友雄(リンク栃木)
竹内譲次(日立)
竹内公輔(トヨタ)
ジェフ・ギブズ(トヨタ)
タイラー・スミス(リンク栃木)
川村卓也(リンク栃木)
酒井泰滋(日立)
伊藤大司(トヨタ)
  • WEST
HC アントニオ・ラング(三菱)
五十嵐圭(三菱)
辻直人(東芝)
金丸晃輔(パナソニック)
桜木ジェイアール(アイシン)
鵜澤潤(三菱)
ロン・ヘール(三菱)
ジャミール・ワトキンス(パナソニック)
篠山竜青(東芝)
古川孝敏(アイシン)
渡邉裕規(パナソニック)

結果[編集]

勝者 結果 敗者 MVP MIP
EAST 126 - 119 WEST 折茂武彦 桜木ジェイアール

JBLアウォード[編集]

部門 受賞者 チーム
レギュラーシーズンMVP 桜木ジェイアール アイシン
プレーオフMVP 桜木ジェイアール アイシン
ルーキー・オブ・ザ・イヤー 辻直人 東芝
コーチ・オブ・ザ・イヤー 鈴木貴美一 アイシン
レフェリー・オブ・ザ・イヤー 平原勇次

ベスト5[編集]

P 受賞者 チーム
G 柏木真介 アイシン
G/F 金丸晃輔 パナソニック
F 竹内譲次 日立
F/C ジェフリー・ギブス トヨタ
C ニック・ファジーカス 東芝

リーダーズ[編集]

部門 受賞者 チーム 記録
得点 ニック・ファジーカス 東芝 21.55点
アシスト 桜木ジェイアール アイシン 4.45本
リバウンド 桜木ジェイアール アイシン 12.55本
野投成功率 ジャミール・ワトキンス パナソニック 56.56%
フリースロー成功率 金丸晃輔 パナソニック 91.11%
3P成功率 松井啓十郎 トヨタ 49.41%
スティール 阿部友和 レバンガ 2.09本
ブロックショット ジャミール・ワトキンス パナソニック 2.12本

備考[編集]

  • 2013年度からナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)が開催されることとなり、JBLとして最後のシーズンとなる。
  • 一方、1967年の第1回日本リーグから参加してきたパナソニックはこのシーズンを最後に休部することになった。
  • 東日本大震災復興支援のチャリティイベント、「JBLチャリティーアクション! メモリアルマッチ」が4月27日、福島県営あづま総合体育館で行われ、JBL DREAMSとJBL HOPESに分かれて試合が行われた。

参照[編集]

関連項目[編集]