伊藤大司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤大司
TAISHI Ito
Ito taishi 20150104.jpg
アルバルク東京
役職 アシスタントゼネラルマネージャー
基本情報
日本語 伊藤大司
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-12-22) 1986年12月22日(35歳)
出身地 三重県の旗三重県鈴鹿市
身長(現役時) 182cm (5 ft 12 in)
体重(現役時) 75kg (165 lb)
キャリア情報
出身 モントローズ・クリスチャン高校
ポートランド大学
選手情報 ウィキデータを編集 B.LEAGUE.jp

伊藤 大司いとう たいし, 1986年12月22日 - )は、日本の元バスケットボール選手。三重県鈴鹿市出身。身長182cm、体重75kg。ポジションはポイントガード。アルバルク東京前ヘッドコーチの伊藤拓摩は兄[1]。2020-21シーズンをもち引退した。

経歴[編集]

中学時代までチームメイトの西村文男と共にミニバス時代は全国大会のブロックで準優勝、創徳中時代に全国大会で準優勝。その後、ワシントンD.C.郊外のメリーランド州にあるモントローズ・クリスチャン高校に留学した。チームのキャプテンを任され、チームメイトにはケビン・デュラントグレイビス・バスケスがいた。

2006年ポートランド大学に進学。NCAA1部所属のバスケットボール部に所属し、日本人では松井啓十郎以来2人目となるNCAA1部出場を果たした。2007年1月23日ゴンザガ大学戦はESPNによって全米中継されたため、日本でもJ SPORTSが中継した。

2010年よりトヨタ自動車アルバルク(現:アルバルク東京)に所属。

2017-18シーズンレバンガ北海道に期限付き移籍。

2018年6月8日にアルバルク東京を退団し、翌日に滋賀レイクスターズと2年契約を結ぶ。

2021年6月4日、2020-21シーズン限りでの現役引退を発表[2]

引退後はゼネラルマネージャーを目指す意向であるが[3]、2021年7月から古巣アルバルク東京のアシスタントゼネラルマネージャーに就任した[4]

記録[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ  *  リーグリーダー  †  優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
JBL 2010-11 トヨタ 36
JBL 2011-12 トヨタ 42  21.8 .278 .220 .821 2.2 2.2 0.7 0.0 1.2 4.5
JBL 2012-13 トヨタ 42 22.3 .309 .333 .674 1.6 2.6 0.8 0.0 1.1 4.4
NBL 2013-14 トヨタ東京 51 21.0 .314 .283 .690 1.6 2.6 0.8 0.0 1.0 3.9
NBL 2014-15 トヨタ東京 45 20.1 .332 .301 .647 1.7 2.5 1.0 0.0 0.9 3.9
NBL 2015-16 トヨタ東京 52 19.2 .355 .339 .900 1.2 1.7 0.8 0.1 0.5 3.7
B1 2016-17 A東京

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]