インフェクションコントロールドクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ICD制度協議会から転送)
移動先: 案内検索

インフェクションコントロールドクター(Infection Control Doctor:ICD)とは、一般名詞としては感染症感染制御院内感染対策を専門に取り扱う医療従事者のことを指す。

日本においては、ICD制度協議会が上記の業務に就くことを想定して認定する専門資格の名称でもある。同協議会は和名称をとくに制定していないため、ICD、インフェクションコントロールドクターという名称が使用されている。

下記で述べるとおり、医師・歯科医師(ドクター)以外に博士号取得(こちらもドクター)による認定者もある。それぞれの有する免許により許される業務は異なる。例えば診察行為ができるインフェクションコントロールドクターは、医師と歯科医師だけである。

なお、日本感染症学会が認定している感染症専門医とは別の専門資格である。

概要[編集]

インフェクションコントロールドクター(以下、ICD)は、元々医師の専門医資格の一つして運用されていた。例えば、「日本感染症学会認定医」の様に学会が認定するものであった。しかし、院内感染などの感染防御の必要及び広い人材育成・確保の為には、医師のみならず他の医療系職業への感染症に関する高度な知識と技術が必要であることから、医師以外の職業の者にも条件付で付与されることとなった。ただ、医師・歯科医師以外の場合、博士号が必要な上に感染症学を専門に学びながら、かつ、日常業務をこなさなければならず、その取得には多くの時間と労力を必要とするとされている。

歯科医師の場合は、歯学それ自体が医学の一専門分野であるとの認識が強い点やICDだけでは収入につながらない点、また、大学病院などでICDとして専属勤務する場も極めて少ない点などから、ICDの歯科医師は少ないのが実情である。しかし、歯科医療の大半は外科的処置であり、感染防止などの知識と技術はICDレベルのものが必要とされている。また、歯科医師・臨床実習生の中には、ICDには興味・関心がある者が多いとの報告がなされている[1]。ただ、前述した様々な理由から、より歯科の専門化された臨床系専門医資格(日本歯周病学会認定歯周病専門医口腔外科専門医など)を取得したいと考える者が多い為、ICDそれ自体を目指そうと考える者は少ないと考えられる。以上の状態により、ICDの大半は医師が占めているのが実情である。

なお、現在認定ICDは、3,948人(2004年)であり、数字上では300床に1人の割合となっている[2]

資格(ICD制度協議会)[編集]

  • 5年毎に資格更新をしなくてならない。その間、規定の単位(感染症関連の学会発表、論文、講習会等により取得できる)を取得しなければ資格は無効となる。

役割[編集]

その他の感染症対策専門資格および医療機関での組織[編集]

感染症対策専門資格および医療機関での組織[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐藤法仁、苔口進、福井一博「歯学部臨床実習生における「感染制御医師(インフェクションコントロールドクター)」に対する意識調査」(財)緒方医学化学研究所医学と生物学Vol.149(12):p.483〜486,2005.
  2. ^ 小林寛伊「認定インフェクションコントロールドクターの日常業務に関する調査」日本環境感染学会,環境感染Vol.19(3):p.404〜408,2004
  3. ^ 佐藤法仁、渡辺朱理、苔口進、福井一博「歯科臨床実習生における感染制御専門資格および組織に関する認知度調査」INFECTION CONTROL(メディカ出版),Vol.16(6),p.97,2007.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]