感染制御認定臨床微生物検査技師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

感染制御認定臨床微生物検査技師(かんせんせいぎょにんていりんしょうびせいぶつけんさぎし、Infection Control Microbiological Technologist : ICMT)とは、日本臨床微生物学会が認定運用する感染制御を専門とする臨床検査技師のこと。感染制御認定臨床微生物検査技師(ICMT)制度7団体協議会(日本臨床微生物学会、日本臨床衛生技師会、日本臨床検査医学会、日本臨床検査同学院、日本感染症学会、日本環境感染学会、日本化学療法学会)の審査により付与される認定資格である。

目的[編集]

この制度は医療関連の感染制御に貢献できる感染制御認定臨床微生物検査技師(Infection Control Microbiological Technologist, 以下ICMTと略す)の育成を図り、ICD、ICN等と協調して質の高い効果的な感染制御を国民に提供することを目的とする。

感染管理専門資格[編集]

感染管理組織[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]