感染管理歯科衛生士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

感染管理歯科衛生士(かんせんかんりしかえいせいし:Infection Control Dental Hygienist : ICDH)とは、感染管理(感染制御)の専門能力を有する歯科衛生士のことである。なお現在、本名称資格の認定制度は運用されていないが、日本口腔感染症学会の「院内感染予防対策認定歯科衛生士」の認定制度が運用されている。

概要[編集]

参考文献[編集]

  • 嶋 智美,藤原愛子「歯科臨床現場における感染予防対策についての実態調査」静岡県立大学短期大学部特別研究報告書平成13・14年度,p.1~32,2003.[3]
  • 山本智美「アメリカの歯科衛生士養成における感染予防教育について」静岡県立大学短期大学部研究紀要 18-W,p.1~18,2005.[4]

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤法仁,渡辺朱理,杉浦裕子,苔口 進,福井一博「口腔衛生における感染制御専門家養成に関する提言 ~感染管理歯科衛生士の必要性と可能性について~」日本歯科衛生学会誌 1,(2),p.57~63,2007[1]
  2. ^ 日本口腔感染症学会院内感染対策委員会「日本口腔感染症学会 院内感染予防対策認定制度の施行について」[2]

感染管理専門資格[編集]

感染管理組織[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]