Here (GRAPEVINEのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Here
GRAPEVINEスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ポニーキャニオン
プロデュース 根岸孝旨
チャート最高順位
GRAPEVINE アルバム 年表
Lifetime
1999年
Here
2000年
Circulator
2001年)
『Here』収録のシングル
  1. 羽根/JIVE
    リリース: 1999年8月21日
  2. Reverb
    リリース: 2000年2月2日
テンプレートを表示

Here』(ヒア)は、GRAPEVINEの3枚目のアルバムである。2000年3月15日ポニーキャニオンより発売された。

概要[編集]

  • 前作『Lifetime』からわずか10ヶ月でのリリースとなった。
  • 田中によると、それまではバンド内で意見を交わすことがなく、漠然とした目標については話さなかったという。しかし、この作品ではレコーディング前にミーティングを行い、それで出てきた「濃いもの」を作ろうというキーワードを元にして作業に入った。
  • シングルの「羽根/JIVE」の2曲目に収録されていた「JIVE」は本作には未収録である。
  • ベースの西原誠がアルバム全曲の収録に関わった最後のアルバムとなった。
  • アルバムのマスタリングにはボブ・ラディッグが起用されている[1]
  • 後に『From a smalltown』の発売日である2007年3月7日に低価格・限定盤として再発された。

収録曲[編集]

  1. 想うということ
    作詞:田中和将/作曲:亀井亨
    Best of GRAPEVINE 1997-2012』ファン投票24位(中間結果22位)。
  2. Reverb(Jan.3rd Mix)
    作詞:田中和将/作曲:亀井亨
    7thシングルのアルバムバージョン。シングルバージョンと比べて、ややベースの音が強くなっている。
    『Best of GRAPEVINE 1997-2012』ファン投票21位(中間結果21位)。
  3. ナポリを見て死ね
    作詞/作曲:田中和将
  4. 空の向こうから
    作詞:田中和将/作曲:西原誠
    アルバムツアーでは半音上げの状態で演奏されたことがある。
  5. ダイヤグラム
    作詞/作曲:田中和将
    テレビ朝日AFCアジアカップ2000」テーマソング。
  6. Scare
    作詞:田中和将/作曲:西原誠
  7. ポートレート
    作詞:田中和将/作曲:亀井亨
  8. コーヒー付
    作詞:田中和将/作曲:西原誠
    全編ファルセットで歌われている。
    ふれていたい」の初回盤特典の8cmCDにライブバージョンが収録されている。
  9. リトル・ガール・トリートメント
    作詞:田中和将/作曲:西川弘剛
    『Best of GRAPEVINE 1997-2012』ファン投票18位(中間結果17位)。
  10. 羽根
    作詞:田中和将/作曲:西川弘剛
    6thシングル (両A面の1曲目)。NHK BS‐2「新・真夜中の王国」オープニングテーマ。
    『Best of GRAPEVINE 1997-2012』ファン投票30位(中間結果29位)。
  11. here
    作詞:田中和将/作曲:亀井亨
    フルアルバムでは初の表題曲。本作のリードトラックであり、PVが製作されている。
    この曲と次曲の間には数秒のギャップが空いている。
  12. 南行き
    作詞:田中和将/作曲:亀井亨
  • 編曲:GRAPEVINE、根岸孝旨

脚注[編集]