Lifetime

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Lifetime
GRAPEVINEスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ポニーキャニオン
プロデュース 根岸孝旨
チャート最高順位
GRAPEVINE 年表
退屈の花
1998年
Lifetime
1999年
Here
2000年)
『Lifetime』収録のシングル
  1. 白日
    リリース: 1998年9月2日
  2. スロウ
    リリース: 1999年1月20日
  3. 光について
    リリース: 1999年4月21日
テンプレートを表示

Lifetime』(ライフタイム)は、GRAPEVINEの2枚目のアルバムである。1999年5月19日ポニーキャニオンより発売された。

概要[編集]

  • 4thシングル「スロウ」で有名となったこともあり、本作はオリコンのアルバムランキングで3位にランクインした。現在GRAPEVINEのアルバムで最も売れたアルバムである。
  • 「Lifetime」というタイトルを考えたのは田中である。リーダーの西原と亀井はこのアルバムを「良い意味で気の抜けた作品」と語っている。
  • 今作よりDr.StrangeLoveの根岸孝旨がプロデュースに加わっている。
  • 後に本作のリミックス盤である「Divetime」が同年の8月18日にリリースされた。『From a smalltown』の発売日である2007年3月7日に低価格・限定盤として再発された。
  • 本作の発売から15年後の2014年、同作の再現ツアー「IN A LIFETIME」が開催された[1]

収録曲[編集]

  1. いけすかない
    作詞:田中和将/作曲:西川弘剛
    フジテレビプロモマニア」エンディングテーマ。今作のリードトラックであり、PVが製作されている。
    当時バンドには16ビートのような曲があまり無かったため、「オープニングのアッパーな曲としてかなり重宝してた曲(亀井)」だったという[1]。ライブでは田中が西川にギターソロを振る事がある。
  2. スロウ
    作詞:田中和将/作曲:亀井亨
    4thシングル。バンドがブレイクするキッカケとなった曲である。
    表記はされていないが、曲の終わりのアレンジがシングルと若干異なっている。
    Best of GRAPEVINE 1997-2012』ファン投票4位(中間結果4位)。
  3. SUN
    作詞:田中和将/作曲:亀井亨
  4. 光について
    作詞:田中和将/作曲:亀井亨
    5thシングル。TBS新ウンナンの気分は上々。」、NHK総合てれごじ。」エンディングテーマ。
    『Best of GRAPEVINE 1997-2012』ファン投票1位(中間結果1位)。
  5. RUBBERGIRL
    作曲:田中和将
    インスト曲。西川曰く「アルバムにも断片的なバージョンしか入ってない」という曲であり、前述の「IN A LIFETIME」ツアーでは再現ライブ用にアレンジした状態で演奏された[1]
    お笑いコンビラバーガールのコンビ名はこの曲名に由来している。
  6. Lifework
    作詞:田中和将/作曲:西川弘剛
  7. 25
    作詞:田中和将/作曲:西原誠
    「いけすかない」同様、当時は数少ないアッパーな曲としてライブで重宝したという[1]。この曲で田中はブルースハープを演奏している。
  8. 青い魚
    作詞/作曲:金延幸子
    金延幸子の楽曲のカバー。GRAPEVINEのカバー曲が音源化されているのはこれが唯一である。
  9. RUBBERGIRL No.8
    作曲:田中和将
    インスト曲。元々はアルバムで長々と演奏していたジャム・セッションを、「RUBBERGIRL」と同曲の2つに分けていたという[1]。「IN A LIFETIME」ツアー用では、「白日」のイントロ的な扱いとしてアレンジが加えられている[1]
  10. 白日
    作詞:田中和将/作曲:亀井亨
    3rdシングル。NHK-FMミュージックスクエア」オープニングテーマ。
    『Best of GRAPEVINE 1997-2012』ファン投票10位(中間結果15位)。
  11. 大人(NOBODY NOBODY)
    作詞:田中和将/作曲:西原誠
    亀井はこの曲について「ちょっと余裕を持って遊べる曲が出来たのは凄い」、「バンドとしてやっていく時のジャッジの幅が広がったという気がする」とコメントしている。
    後に7thシングル「Reverb」のc/wに「大人(大人向け)」という別バージョンの曲が収録されている。
  12. 望みの彼方
    作詞:田中和将/作曲:西川弘剛
    4thシングルc/w曲。
    『Best of GRAPEVINE 1997-2012』ファン投票2位(中間結果2位)。
  13. HOPE(軽め)
    作詞/作曲:田中和将
    曲が終わってから数十秒後にアコースティック・ギターのアウトロが流れる。
  • 編曲:GRAPEVINE、根岸孝旨(#10のみGRAPEVINE)

脚注[編集]