TWANGS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TWANGS
GRAPEVINEスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ロッカールーム
プロデュース 長田進
チャート最高順位
GRAPEVINE アルバム 年表
Sing
2008年
TWANGS
2009年
真昼のストレンジランド
2011年
『TWANGS』収録のシングル
  1. 疾走
    リリース: 2009年5月27日
テンプレートを表示

TWANGS』(トゥワングス)は、GRAPEVINEの10枚目のアルバムである。2009年7月15日ロッカールームより発売された。

概要[編集]

  • タイトルは「(ギターを弾く時の)ブーンと鳴る音」という意味を持つ。田中によるとアルバムの制作は年内に始まり、半年もかからずに終わったらしい。前半は亀井や西川の曲、3月にアメリカで行われた「SXSW(サウスバイサウスウエスト)09」の出演を挟んで、後半にセッション曲のレコーディングが行われた。
  • 田中は「一つの節目になるくらいの変化が訪れたアルバム」と読売新聞のインタビューで答えている。
  • 先行シングルが一曲のみなのは『déraciné』以来[1]である。
  • 今作は全11曲中6曲がセッションで作られた。また、オリジナル・アルバムでは初めて、田中による楽曲が収録されなかった。
  • 初回版はステッカー付き。

収録曲[編集]

  1.  疾走 (作詞:田中和将 作曲:亀井亨)
    24thシングル。アルバムでは唯一のシングル曲である。
  2.  Vex (作詞:田中和将 作曲:GRAPEVINE)
    初の全編英語詞による楽曲である。弦一徹ストリングスが参加している。
  3.  Pity on the boulveard (作詞:田中和将 作曲:GRAPEVINE)
    今回のアルバムでは最長の曲(7分3秒)である。元々は一曲目にする話も出ていたが、時間が長いことから断念したという。
  4.  Afterwards (作詞:田中和将 作曲:GRAPEVINE)
  5.  Twang (作詞:田中和将 作曲:GRAPEVINE)
    田中による弾き語り、チェロストリングスのみで構成されている。
  6.  Darlin' from hell (作詞:田中和将 作曲:亀井亨)
    ドイツの詩人フリードリヒ・ヘルダーリンについて歌っている曲。
  7.  Turd and swine (作詞:田中和将 作曲:GRAPEVINE)
  8.  小宇宙 (作詞:田中和将 作曲:西川弘剛)
    西川の作曲は18thシングル「放浪フリーク」以来4年振り。
  9.  NOS (作詞:田中和将 作曲:亀井亨)
  10.  フラクタル (作詞:田中和将 作曲:亀井亨)
    ニューヨークブルックリンの風景に触発された曲だという。
  11.  She comes(in colors) (作詞:田中和将 作曲:GRAPEVINE)


  • 編曲:GRAPEVINE&長田進

パーソナル[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 後に「放浪フリーク」がシングルカットされた為、シングルは2曲入っている。

外部リンク[編集]

読売新聞によるインタビュー記事