GPE Palmtop Environment

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GPE Palmtop Environment
最新版 2.8 / 2007年8月7日
対応OS Linux
プラットフォーム 携帯情報端末
種別 ユーザインタフェース
ライセンス GPL, LGPL
公式サイト http://gpe.linuxtogo.org/
テンプレートを表示

GPE Palmtop Environment再帰的頭字語になっていて、略称は GPE)は、Linuxの動作する携帯情報端末向けのGUI環境である。PIM、オーディオ再生、電子メール、ウェブ閲覧などを携帯機器で実行するためのソフトウェアコンポーネントやアプリケーションが全て含まれた完全な環境になっている。

GNU General Public License および GNU Lesser General Public License でライセンスされており、フリーソフトウェアである。

サポートしているデバイス[編集]

GPE は以下のプラットフォームを対象とした組み込みLinuxディストリビューションにバンドルされている。

さらに、以下の機器にも移植が行われている。

2007年2月5日、GPEプロジェクトは携帯電話向けの GPE Phone Edition を発表した[1]

開発[編集]

GPE は X Window System ベースのGUIであり、インタフェースとして GTK+ウィンドウマネージャとして Matchbox を使っている。このプロジェクトでは強力なアプリケーションを容易に開発できる基盤を提供するため、SQLiteD-BusGStreamer、その他のfreedesktop.orgが定義した標準を利用し、共有ライブラリやデータベーススキーマといった中核機能を提供している。

GPEプロジェクトの主な目標は、携帯機器におけるフリーソフトウェア開発を促進し、新技術を試すことにある。

GPE上で開発されたアプリケーションには、以下のようなものがある。

  • GPE-Contacts - 連絡先管理
  • GPE-Calendar - カレンダー
  • GPE-Edit - 単純なテキストエディタ
  • GPE-Filemanager - MIME type をサポートしたリモートアクセス可能なファイルマネージャ
  • GPE-Gallery - 画像ビューア
  • GPE-Games - 小さいゲームのコレクション
  • GPE-Mini-Browser - CSSJavaScriptをサポートしたWebブラウザ
  • GPE-Sketchbook - スケッチが可能なメモ
  • GPE-Soundbite - 音声メモツール
  • GPE-ToDo - TODOリストマネージャ
  • GPE-Timesheet - タスク実行時間計測
  • Starling - GStreamerベースのオーディオプレーヤー
  • VLC - メディアプレーヤー

GPEのPIMアプリケーション(GPE-Contacts、GPE-Calendar、GPE-ToDo)は、対応するデスクトップおよびウェブアプリケーション(Novell EvolutionMozilla SunbirdGoogle Calendar など)と GPE-Syncd および OpenSync フレームワークを通して同期できる。

GPE には各種設定を行うGUIユーティリティも含まれている(IEEE 802.11 無線LAN、BluetoothIrDAファイアーウォールALSAIpkg パッケージマネージャなど)。

Tinymailフレームワークに基づくプッシュ型電子メールクライアントは開発中である。

Linuxディストリビューション[編集]

GPE は以下の組み込みLinuxディストリビューションでは主要な環境とされている。

上掲のディストリビューションほどではないが、GPE は以下のディストリビューションでも利用可能になっている。

論争[編集]

GPEプロジェクトに関しては、ホスティングサービスの変更、IRCチャンネルの所有権、商標について論争が続いている[2][3]

Webホスティング[編集]

GPE は2002年4月から Handhelds.org でホスティングされていた。しかし、開発者から示唆があり、2006年10月に Linuxtogo.org に移転した[4]。Handhelds.org は去っていった開発者のユーザアカウントを削除し、元の GPE Handhelds.org サイトにあった新たな GPE Linuxtogo.org サイトへのリンクや参照を全て削除した[5]

IRCチャンネル[編集]

上記に関連して、両者が Freenode.net にある #gpe というIRCチャンネルの所有権を主張している。Freenode.net は両者が合意に達するまで、そのチャンネルの事実上閉鎖している。その後、Linuxtogo.org は #gpe-project を使い、Handhelds.org は #handhelds-gpe を使っている(共に Freenode.net にある)。

商標[編集]

Handhelds.org の管理者 George France は2007年3月6日、OPIEおよびIpkgと共に GPE についても米国特許商標庁に商標登録を出願した[6]。2007年6月25日、米国特許商標庁は Handhelds.org のGPEの所有権の証拠として Hendhelds.org のウエブサイトのスクリーンショットを採用できないと判断し、より具体的な「GPE製品」の見本を要求した[7]。Handhelds.org と OSI評議会メンバーの Russ Nelson は、GPE プロジェクトは Handhelds.org を足場として開発してきたと主張した[8]

Linuxtogo.org のGPE開発者らは、彼らがGPEプロジェクトの実体であるとし、Handhelds.org は単にホスティングを提供していただけだと主張した[9][10]。さらに彼らはGPEプロジェクトが Handhelds.org でホスティングされる以前から存在していた点を指摘した[11]

2008年2月27日、米国特許商標庁はGPEの商標について拒絶査定を下した。George France は出願内容を修正し(GNUとLinuxに関する参照を削除)、GPEの商標は2008年6月3日、異議申し立てのために公表された[12]

これに対して、Linuxtogo.org のGPE開発チームは Handhelds.org で開発されたGPE基盤部分を捨てることにした。ブートローダを別のものにし、Ipkg から Opkg に乗り換えた。ただし、アプリケーションに対してはほとんど影響はない。[13]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Boor, Florian (2007年2月5日). “New Project: GPE Phone Edition”. 2007年8月23日閲覧。
  2. ^ Willis, Nathan (2007年5月24日). “GPE project and Handhelds.org in acrimonious trademark dispute”. 2007年8月18日閲覧。
  3. ^ Corbet, Jonathan (2007年7月7日). “Whose project is it anyway?”. 2007年8月22日閲覧。
  4. ^ Nils Faerber (2006年8月17日). “New home for GPE?”. gmane.comp.handhelds.gpe. (ウェブリンク). 2007年8月23日閲覧。 
  5. ^ Diff for "GPEProject" - Handhelds.org MoinMoin Wiki” (2007年1月4日). 2007年8月23日閲覧。
  6. ^ "US Serial No: 77123546, Application"” (2007年3月26日). 2007年8月23日閲覧。
  7. ^ "US Serial No: 77123546, Offc Action Outgoing"” (2007年7月25日). 2007年8月23日閲覧。
  8. ^ Nelson, Russ (2007年5月25日). “The backstory to the trademarks”. 2007年8月23日閲覧。
  9. ^ Nils Faerber (2001年12月21日). “Re: crosscompiling question, ...Maybe this could be hosted on sourceforge.handhelds.org?...”. gmane.comp.handhelds.ipaq.general. (ウェブリンク). 2007年8月23日閲覧。 
  10. ^ Boor, Florian (2007年5月23日). “Threatened - update”. 2007年8月23日閲覧。
  11. ^ Nils Faerber (2001年12月22日). “GPE - GNU PDA Environment”. gmane.comp.handhelds.ipaq.general. (ウェブリンク) 
  12. ^ "Latest Status Info"” (2008年6月3日). 2008年7月1日閲覧。
  13. ^ Boor, Florian (2008年3月28日). “GPE trademark rejected”. 2008年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]