FOR YOUNG ELECTRIC POP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FOR YOUNG ELECTRIC POP
POLYSICSスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ニュー・ウェイヴ
レーベル Ki/oon Records
プロデュース POLYSICS
POLYSICS 年表
LO-BITS
2002年
FOR YOUNG ELECTRIC POP
2002年
カジャカジャグー
2003年
テンプレートを表示

FOR YOUNG ELECTRIC POP』(フォー・ヤング・エレクトリック・ポップ)は、日本のロックバンド、POLYSICSのアルバム。2002年7月24日キューンレコードよりリリース。

概要[編集]

メジャー3rdアルバム。全体的にポップな曲が多く、かつ楽曲の構成やスタイルが練られた作品である。しかし、それとは裏腹に売り上げは伸び悩む一方で、この時期のライブやスタイルについてバンドの意見があまり伝わらなかったと後にハヤシが語っている。

本作の発売前にはシングルが1枚も発売されておらず、既出曲は前作ミニアルバム『LO-BITS』に収録された"Code4"のみである。初回限定カラーケース仕様。

収録曲[編集]

全曲作詞・作曲:Hiroyuki Hayashi 編曲:POLYSICS(それ以外は記述する)

  1. FOR YOUNG ELECTRIC POP (2:52)
  2. COLON (4:43)
  3. IT'S UP TO YOU (2:08)
    お笑いコンビチュートリアルの出囃子の曲である。
  4. WICKED LAUGH (3:25)
  5. BLACK OUT FALL OUT (3:55)
    本アルバムのリードトラック。しかし、これを決めたのはスタッフで、バンドがその説得に折れるという形で決まった。これにより、「にわかテクノポップ」というレッテルを貼られ、とても腹が立ったと後にハヤシが語っている[1]
    後に発売されたベストアルバム『POLYSICS OR DIE!!!!』では、バンドサウンドを前面に押し出したアレンジで再レコーディングされた。
  6. LET'S GO (3:49)
  7. MAD MAC (3:02)
  8. TV'S HIGH (3:07)
  9. SECRET CANDY (3:05)
  10. WEEKENDERS (3:21)
  11. GET BACK TO 8-BIT (2:59)
  12. MY SHARONA (3:20) (作曲:D.FIEGER-B.AVERRE)
    The Knackの往年の大ヒット曲をカバー。権利問題が絡んでいるのか、ブックレットに歌詞が掲載されていない。TV番組『アメトーーク!』ではエンディングに原曲のMY SHARONAが、番組前のスポット等ではこのカバーバージョンが流れている。
  13. CODE4 (4:39)
    ミニアルバム『LO-BITS』収録曲。表記はないがアルバムバージョンであり、イントロ、アウトロが長くなり、アコギの音が追加されている。

脚注[編集]

  1. ^ ナタリー 「『We ate the machine』完成記念! ハヤシが振り返るPOLYSICS10年史」