NEU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NEU
POLYSICSスタジオ・アルバム
リリース
時間
レーベル キューンレコード(日本盤)、Asian Man Records(US盤)
チャート最高順位
POLYSICS 年表
LIVE IN JAPAN/6-D
(2000年)
(インディーズ)
NEU
(2000年)
ENO
(2001年)
テンプレートを表示

NEU(ノイ)は、日本のロックバンド、POLYSICSのアルバム。 2000年9月20日キューンレコードよりリリース。2003年7月15日US盤リリース。

概要[編集]

  • メジャー1stフルアルバム。それまでのテクノポップを基調としたサウンドであるが、ギターサウンドに厚みが増し、バンドサウンドが前面に出たアルバムとなった。
  • ハヤシ曰く「ギターウルフより爆音なアルバムを作りたかった」。ニューウェイヴのレッテルを貼られるのが嫌だったという。
  • 曲は5日間で全部出来たという。
  • さらにハヤシ曰く、「でも、その頃はかなり嬉しかった反面、えっ!?ウチらこんなバンドがメジャーでCD出しちゃってもいいの?てな感じだった。テーマもコンセプトも一切なし。今聞くとほんとひどいよね。音質はいいのに演奏ヘタだし、歌はなに歌ってるのか分からないし、オケとのバランスも悪いし音も未熟すぎるから恥ずかしくて聴けない(苦笑)。正直やり直したい。」とボロボロの評価であった。
  • 初回限定カラーケース仕様。
  • この当時のPOLYSICSは、ハヤシ、カヨ、スガイジュンイチの3人編成であった。

収録曲[編集]

  1. go ahead now! (3:10)
  2. MS-17 (2:46)
  3. XCT (3:08)
    1stシングル曲。
  4. S.V.O (2:33)
  5. MAKING SENSE (3:50)
  6. each life each end -sputnikless mix (3:10)
    2ndシングル曲のアルバムバージョン。
  7. DISORDER (2:48)
  8. CY/CB (1:58)
  9. X-RAYS (this is my life) (4:14)
  10. WHAT (5:19)
  11. PLASTER CASTER (2:24)
  12. URGE ON!! -velocity2 (3:23)
    1stシングル「XCT」収録曲のアルバムバージョン。シングルバージョンとの違いは、イントロが短くカットされており、音に厚みが増している。
  13. I'm a worker (2:36)

US盤は、14曲目に「BLACK OUT FALL OUT(3:55)」が収録されている。

全作詞・作曲:Hiroyuki Hayashi 編曲:POLYSICS