カジャカジャグー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カジャカジャグー
POLYSICSEP
リリース
ジャンル ニュー・ウェイヴ
時間
レーベル Ki/oon Records
プロデュース POLYSICS
チャート最高順位
POLYSICS アルバム 年表
FOR YOUNG ELECTRIC POP
2002年
カジャカジャグー
2003年
National P
2003年
テンプレートを表示

カジャカジャグーは、日本のロックバンド、POLYSICSのミニアルバム。2003年5月21日キューンレコードよりリリース。

概要[編集]

前作『FOR YOUNG ELECTRIC POP』から約10ヶ月ぶりのリリースとなったミニアルバム。

上記アルバム後のツアーの頃から、メンバーはセールスの低迷、スタッフの意見が多く取り入れられる状況を打破しようとレコーディングに入った。

この時期、ハヤシがロックレジェンド(AC/DCDEEP PURPLEなど)を聴くようになる。本作と次作アルバム『National P』は、その影響が反映されたアルバムとなった。

しかし、本作品のレコーディング中、ハヤシとスガイの間で音楽性にズレが生じた。ある曲の歌詞にスガイが「メッセージ性のある歌詞じゃないとダメだ」とダメ出しをした(その曲はボツになった)。スガイはポップでキャッチーな曲(一般で言う「歌もの」)が作りたかったようである。一方ハヤシは「歌詞やメロディとか、そんな次元で語れないような音楽を作りたかった」ようで、後述するように表題曲「カジャカジャグー」ができたことにより自信を掴み、「別に歌詞にメッセージ性がなくても、メロディがなくてもいいじゃん」というスタイルであった[1]

このように、2人の間には相反する音楽性のズレが生じ、ハヤシとスガイは互いに話しあった。その翌日、スガイが脱退を申し入れ、POLYSICSは再び3人体制となった。その後のレコーディングは、サポートドラマーとしてSNAIL RAMPのイシマルを迎えて続行していくこととなる。

収録曲[編集]

  1. カジャカジャグー (3:20)
    ハヤシ曰く「この曲ができただけでポリの未来は明るいと思ってた」ほどの自信作[2]。現在ではライブに欠かせない一曲となっている。
  2. Genki Rock A.B.C! (3:03)
  3. テクノドラキュラ (3:26)
  4. Rick O・K! sec. (2:30)
  5. スリーオースリーオーマーン〜Miss.ドーナツ (4:14)
    メドレー形式で収録。『Miss.ドーナツ』はパイオニアカロッツェリア DVD楽ナビ」のCM曲となった。

全作詞・作曲:Hiroyuki Hayashi 編曲:POLYSICS

脚注[編集]

  1. ^ ナタリー 「『We ate the machine』完成記念! ハヤシが振り返るPOLYSICS10年史」
  2. ^ ナタリー 「『We ate the machine』完成記念! ハヤシが振り返るPOLYSICS10年史」