マイ・シャローナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイ・シャローナ
ザ・ナックシングル
収録アルバム ゲット・ザ・ナック
B面 レット・ミー・アウト
リリース 1979年6月18日
ジャンル パワー・ポップ
ニュー・ウェイヴ
時間 4:55
レーベル キャピトル・レコード
作詞・作曲 ダグ・ファイガー、バートン・アヴェール
チャート最高順位
ザ・ナック シングル 年表
マイ・シャローナ
(1979)
グッド・ガールズ・ドント
(1979)
テンプレートを表示

マイ・シャローナ (My Sharona) は1979年に発売された、ザ・ナックのデビューシングル。大ヒットし、ビルボードホット100で5週連続1位となった。1979年を代表するヒットナンバーとして知られる。

曲の概要[編集]

この曲の有名なリフは、バンドのギタリスト、バートン・アヴェールがナックに加わる前に作ったものである。リード・ボーカルのダグ・ファイガーによると、彼は当時17歳のシャローナという少女に出会い一目惚れし、彼女のことを考えるうちにこのリフが浮かんだ。2人はそこから曲を構成し、メロディを造った。曲のきっかけとなった少女、シャローナ・アルペリンはカリフォルニア州ロサンゼルスで不動産仲介人をしている。

この曲の明るくドライブする、Gのオクターブを主体としたベースラインは多くのベース奏者の演奏に登場し、しばしば素晴らしい演奏テクニックの例として挙げられる。

カヴァー[編集]

フー・ファイターズデイヴ・グロールはことある毎に彼のお気に入りの曲として挙げており、彼が以前在籍していたバンドニルヴァーナのライブでカヴァーしていた。

日本においては1989年JUN SKY WALKER(S)ユニコーンがジョイントし、NHKのクリスマス特番でこの曲のカヴァーを披露したことがある。双方のメンバーが全員参加となったため、ギター5本(宮田和弥はギター、阿部義晴はヴォーカル兼ギターとして参加)にツインドラムという豪華な編成となったが、なぜかベースは堀内一史だけが演奏し、寺岡呼人は何もせずに腕組みしたまま立っているだけであった。

近年では、ロックバンドPOLYSICSがこの曲をカヴァーしている他、L⇔R黒沢健一らで結成されたMOTORWORKSのライブでも演奏されるなどしている。

その他[編集]

2005年には当時のアメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュのiPodのプレイリストに収められていることで注目を集めた[1]

音楽プロデューサークインシー・ジョーンズは、マイケル・ジャクソンの1982年のアルバム『スリラー』に力強さを与えるため、ブラック・バージョンのマイ・シャローナを望んだ[2]

映画では、1994年ウィノナ・ライダー主演の『リアリティ・バイツ』の挿入歌として、『SUPER8/スーパーエイト』のエンディング曲として採用された他、テレビ番組では『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』のテーマ曲やかつては『真剣10代しゃべり場』のOP曲となっていたこともある。さらにエド・はるみがネタでこの曲を使用したり、1990年代にはアンドレ・アガシが出演したマツダ・ファミリアのCM曲としても採用されるなど、ファンのみならず、現在に至るまで広く親しまれている。

出典[編集]

外部リンク[編集]