E×E

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
E×E
エグゼ
ゲーム
ゲームジャンル 学園バトルアドベンチャー
対応機種 Windows 2000/XP/Vista
開発元 ゆずソフト
キャラクターデザイン むりりん、こぶいち
メディア DVD-ROM
発売日 2007年6月1日
レイティング ソフ倫:18歳未満販売禁止
キャラクター名設定 変更不可
エンディング数 7(BADEND含)
セーブファイル数 90+1
画面サイズ 800×600
全画面表示モード あり
音楽フォーマット Ogg Vorbis
キャラクターボイス 主人公以外
テンプレート - ノート

E×E』(エグゼ)は、ゆずソフトから発売された18禁アドベンチャーゲームである。E×Eは「Empty × Embryo」の略。キャッチコピーは「魂(コード)を解読せよ!」。

概要[編集]

E×E』(エグゼ)は、2007年6月1日18禁恋愛アドベンチャーゲームとして発売された。 発売日に公式ホームページにて修正パッチ1.1(当てるとセーブデータが初期化されてしまうので注意)が、2007年6月15日に修正パッチ1.11がアップされている。「学園バトルアドベンチャー」と銘打ってはいるが、戦闘操作やコマンド入力等は一切なく、典型的な選択肢型ビジュアルノベルゲームである。

あらすじ[編集]

岬市にある八坂総合病院で火災事故が発生し、大規模な被害をもたらした。交通事故に遭い入院していた主人公・伏見籐矢は運良く生き延びたが、この火災によって病院にとある研究に従事するため勤務していた母親・伏見鈴乃を亡くしてしまう。大きな悲しみを背負いながらも、当時知り合いであった白峯沙耶の保護の元、まだ幼い妹・伏見真姫奈と共に人並みの暮らしを送ることとなる。

そんな火災事故から10年後のある日。織部学園で何気ない学園生活を謳歌していた籐矢の前に、死んだはずの鈴乃が姿を見せる。かつて籐矢と同時期に入院し、最近になって学園に転入してきた少女・野宮悠と共にその姿を追いかけ対面した籐矢であったが、彼の記憶にある鈴乃とはどこか違っていた。驚き戸惑う籐矢に、鈴乃はいきなり襲いかかってくる。悠が不思議な能力で抵抗するも、絶体絶命の籐矢。そんな時、日本刀を持った女が現れ、命を救うのだが……。

死んだはずの鈴乃が生きている理由。その鈴乃が携わっていたという八坂総合病院での研究。困惑を抱きながらも、籐矢は全ての真実を知る決意をし、行動を始めた……。


登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

伏見 籐矢(ふしみ とうや)
本作の主人公。多少感情的になることはあれど、真面目でさっぱりとしたごく普通の好青年。父親は既に亡く、母親も八坂総合病院の火災事故で亡くしている。織部学園に通い、新しくなった八坂総合病院で清掃のアルバイト(尚之の斡旋)をしながら、妹の真姫奈と沙耶の元で暮らしている。かつて弓道の経験があるが、現在はどの部活にも所属はしていない。本人は自覚していないが、10年前の実験で重要視された「部屋」と言われる存在。自分の母親の真相を知るため事件に関わろうとするが、その事実のため同時に狙われることになる。
野宮 悠(のみや ゆう)
声優青山ゆかり
籐矢のクラスに転入してきた少女。才色兼備で誰とでも分け隔てなく接し、笑顔を絶やさない……のは表向きで、実は演技である。本来はぶっきらぼうで人付き合いが苦手であり、他人と距離をとっている。
太股にバーコードのような模様があり、パイロキネシス(発火能力)を持つ。これは本人の説明によると「視覚で捉えた対象に特殊な周期の信号を送り、分子の振動レベルを高める」というもの。これには脳を酷使しているらしく、使用後しばらくは体調を崩す。10年前に父親の言いつけで入院しており、そこで籐矢と知り合い一緒に遊んだ仲であるが、再会したときは互いに思い出せなかった。彼女も10年前の火災事故の被害者であり、そのときに最愛の父親を亡くし、以後施設で長い間暮らしていた。他人と関わろうとしなかったのは、孤独な生活が長かったからと、自身の異能を周囲に知られるのを恐れていたからである。籐矢が彼の母親と遭遇したことにより、「自分の父親も見つかる」という希望を抱いて彼に協力する。
籠 夏希(この なつき)
声優:みる
籐矢のクラスメイト。目が見えないくらいに伸びた前髪、いつも自分の机で読書、低い身長と、クラスでの存在感はあまりない少女。しかし無口で暗いというわけではなく、話しかければ普通に受け答えはできる上、お茶目な一面を見せることもある。基本的に「肯定。~」、「否定。~」と、論理的な文章で会話をすることが殆どである。口癖は「問題ない」。欲が浅く髪や衣装等は無頓着だが、鍋に対するこだわりは深い。
乱用されると危険な魔術を管理する「協会」の一員。事件に関わろうとする籐矢に疑問を抱くが、彼の意志に甘んじ魔術を教える(ただし未緒ルートではこの役割は未緒になる)。なお、初期設定では眼鏡をしていた。
貴船 未緒(きふね みお)
声優:風音
日本刀を持ち、鈴乃に襲われた籐矢の命を救った女性。夏希と同じ「協会」に所属しており、今回の八坂総合病院の事件に関して彼女をパーティーを組む。スタイル抜群でいわゆるクールビューティーであるが、それは仕事上での話であり、普段は気さくで剛胆なお姉さん。風呂上りや寝るときは全裸派。幼いころに猫の群れに追われたトラウマがあるらしく、猫が大の苦手。同じ組織に所属する沙耶とは古くからの友人である。
首のチョーカーの裏には、悠と同じくバーコードがある。10年前当時から魔術の素質があった彼女は、それを活用する手段として被検体にされていた(籐矢らと異なり、自身が被検体であることを理解していた)。当時は自分の存在が人の役に立てると思い込んでいたものの、それが原因で大災害を引き起こしたという自省の念を抱いており、償いとして事件を終わらせるために奔走する。同時に自分を救って魔術を教えた宇治上には、師弟としての恩義を感じている。なお10年前の事件において、宇治上と逃亡したままのため戸籍上は死亡扱いとなっている。ちなみに、彼女のルートでは怪我を負って顔に包帯を巻く立ち絵があるが、初期の段階では「10年前の傷が残っている」としてこれがデフォルトであった。

サブキャラクター[編集]

伏見 真姫奈(ふしみ まきな)
声優:榊るな
籐矢の妹。籐矢のことを「兄様」と呼んで慕うとても元気で無邪気な少女。それゆえたまに無茶をすることもある。クラゲにこだわりを持っており、知識が豊富で、グッズを持っていたり、即興の歌を口ずさむことがある。籐矢と同じく「出口」と言われる存在。
ぶらばん!』以降のゆずソフト作品のキャラでは、珍しく誕生日設定(9月10日)があるキャラの1人。
白峯 沙耶(しらみね さや)※Hシーンあり
声優:一色ヒカル
鈴乃亡き後、籐矢と真姫奈を育ててきた女性。家庭的かつ優しく穏やかで真面目な性格だが、怒ると怖く、夜通し説教することも。小悪魔的な一面も持ち、色仕掛けで真姫奈を嫉妬させ、籐矢を困惑させることもある。
籐矢らには「事務職」と偽っているが、実際は「協会」の一員。ただし、魔術の才能としては未緒らには遠く及ばず、サポート側に尽力している。
伏見 鈴乃(ふしみ すずの)
声優:野神奈々
籐矢と真姫奈の母親。八坂総合病院でとある研究に従事していたが、10年前の火災事故で帰らぬ人となる。生前はお茶目で好奇心旺盛、まるで子供がそのまま大人になったような愉快な女性だった。現在も籐矢の夢の中にも度々出現する。当初は籐矢はこれを記憶の断片としか考えていなかったが、次第に現実と干渉したような言動が目立つようになる。
10年後突然現れ、籐矢に襲いかかる。その正体は10年前の実験で本人の肉体から魂を分離された研究者が、鈴乃の肉体に定着したもの。今回の魂の研究に肯定的なマッドサイエンティストであり、狡猾に八坂を補佐する。
上御霊 円(かみごりょう まどか)※単独ルート及びHシーンあり
声優:榊原ゆい
籐矢のクラスメイトで幼なじみ。ほんわかとした、明るく優しい性格のごく普通の少女。籐矢と寿士のやりとりに妄想し、「ホモが嫌いな女子なんていない」と叫ぶなど腐女子の一面を持っている。
加茂 寿士(かも ひさし)
声優:杉崎和哉
籐矢のクラスメイトで友人。おちゃらけた性格で何事にもめげない前向き思考だが、女好きでセクハラまがいの言動が多い。また真姫奈と仲がよく、たびたび彼女に変な事を吹き込んでいる。籐矢同様部活には所属していないが、ごくまれに家業を手伝っているらしい。有能な兄がおり、家庭で彼と比べられることにコンプレックスを抱いているらしい。
日向 紅葉(ひむかい もみじ)※Hシーンあり
声優:佐本二厘
おっとりといつも笑っている少女。可憐な外見とは裏腹に、おどけてまるで人をおちょくり、時には見据えたような態度で接する。本人曰く「悪い魔術師」。10年前に甚五郎に「研究」を持ちかけ、さらに現代において尚之にその再開を持ち出した張本人。ただし本人はあまり動くことはなく、普段はパチスロで時間を潰していることが多い。
外見どおりの肉体年齢であるが、彼女の正体は輪廻の転生における、前世の記憶を受け継ぎ続けている存在(この理由は不明)。以前の魂の情報を引き継ぐという負担のため、転生するごとに肉体的な寿命が縮まっている傾向にあり、現在でも時々吐血をする。彼女の目的は、自身の魂を他者と替えることにより、この転生の呪縛から解放されることであった。
八坂 紫織(やさか しおり)
声優:成瀬未亜
尚之の養子。髪が長く、褐色肌の可愛らしい外見をしているが、男の子。長らく眠っていたが、紅葉の手により目覚め、以後行動を共にするようになる。無邪気で明るい性格だが、言葉の節々に毒を帯びることが多い。
10年前の研究における「入口」と呼ばれる存在で、対象から魂を抜き取る能力を持つ。性格は自分を昏睡させた世界そのものを憎んだ憎悪の塊であり、紅葉らとは別に「世界の崩壊」を企てている。また世界で生きることも拒絶しているため、自分の生死に関してもあまり興味を持たない。
八坂 尚之(やさか なおゆき)
声優:小次郎
八坂総合病院の現院長。先代の院長で父親の八坂甚五郎の逝去に伴い、若くして院長の座に就く。寡黙で素っ気ない言動が冷徹な印象を与えがちだが、アルバイトを捜していた籐矢に院内の清掃の仕事を斡旋したり、夜な夜な知り合いの入院患者を見舞ったりといった一面もある。かつて研究を主導し、火災事故を起こした父親を嫌悪しているが、紅葉と接触。昏睡状態の恋人を蘇らせるために、研究に手を染めていく。
当初は紅葉を初めとする魔術については驚愕の連続であったが、本質は肝が据わった冷静な人格。ただし、「彼女に会いたい」という本音は正真正銘であり、その選択肢がたとえ「自身が死ぬこと」であっても容易に受け入れてしまう。
宇治上 影臣(うじがみ かげおみ)
声優:ドテラ4号
かつて八坂総合病院でとある研究に従事していた一人。彼も10年前の火災事故に遭うも運良く助かり、未緒を連れ逃亡した。以後、未緒同様「協会」に所属し、八坂総合病院を調べている。無駄な感情を一切なくし、目的のためなら手段を選ばず、人を殺めることも厭わない冷酷な男である。
エクセル
声優:野神奈々
実験のために紫織によって拾われ、魂を定着させられた猫。隙を見て逃亡し、鈴乃らから捜索される身となる。後に弱っていたところを真姫奈に保護され籐矢の家でペットのような存在となる。名付け親の真姫奈いわく、正確な名前は「エクセル・ハイパー・カズマ」。
その定着している魂の正体は籐矢の母親である「伏見 鈴乃」。ただし最愛の子らを10年前の事件に巻き込んだことを後悔しており、籐矢には「本居 千鳥(もとおり ちどり)」という偽名を用いて事実を隠し通そうとしている。しかし、親として子を想う気持ちは隠しきれないようであり、籐矢にも正体を勘付かれている。事件を収拾させるために籐矢らに協力することもあれば、大人の視点として思春期の彼らに助言を与えることもある。なお、彼女も魔術の心得があるらしく、会話をしているのは魔術によるテレパシーの一種である。
八坂 甚五郎(やさか じんごろう)
名前のみ登場。先代八坂総合病院院長。高額な資金を持つ強欲家であると同時に、不老不死になることに貪欲な老人。そのため自身の病院で秘密裏に様々な研究をしていたが、中でも魔術における「魂の改竄」に着目し遂行していた。
しかし、自身の寿命が近づいたことに焦りを覚え、本来は準備期間が必要だった大規模な魔術研究を強引に進めたため魔術が暴走、今回の事件の発端となる10年前の大火災を発生させてしまった。
また尚之の婚約にも反対しており、彼の恋人を精神的に追い込み流産、昏睡状態へと陥れた、この物語の元凶ともいえる人物。

※なお、登場キャラクターの名字は京都府内の神社からとられている模様。

作中における『魔術』概念[編集]

悠ルート及び夏希ルートに於いて、夏希自身が言及しているのを要約すれば、「人の持つ生命力から魔力を精製し、法に則って世界にアクセス、自己の意志を介入させ、事象をねじ曲げ改ざんしたもの」。生命力から魔力を精製することについてについて夏希は「原油とガソリンの関係」にたとえている。ただ、魔力を得る為には体内の神経を繋げ、生命力から魔力を精製するための「サーキット」と呼ばれる器官が必要不可欠であり、本来は長い時間をかけて身体に馴染ませる。「サーキット」の生成は魔術師によって短時間で可能だが、多少の痛みを伴う上、慣れないうちに無理をすると副作用(最悪死亡する)を起こす可能性もある。 魔術を行使する際は、術者の強い意志(イメージ)と集中力が必要である。生命力を原料としている以上、術者の体力が著しく低下している場合に使用すると術の制御がままならない上、生命の危険も伴う。また、より早くかつ精度の高い魔術行使にはイメージトレーニングの反復と熟練が必要であり、短期間で習得しようとした籐矢は実戦でなかなか思うように使いこなせなかった。 本作の魔術によって傷を直接治癒したり、死人を蘇生させたりすることは不可能。このことについては、紅葉や未緒が作中で言及している。また、悠のパイロキネシス(発火能力)は生まれ持った超能力であり、魔術とは異なる。 本作世界には、魔術を正しく行使・管理し、その存在の秘匿を徹底することを目的とした魔術師の「協会」が存在する。夏希や未緒、影臣は協会の実働部隊で、沙耶も構成員として籍を置いている。一方で協会には属さない魔術師も存在し、紅葉や紫織、寿士らは所属していない。

登場人物が行使する主な魔術
籐矢…魂の「保管」、弓矢
夏希…刃分銅つきの鎖(夏希いわく「ペッパー君」)、身体能力の強化、箱庭
未緒…日本刀、身体能力の強化
真姫奈…魂の「定着」
沙耶…魔力をこめた拳、身体能力の強化
寿士…光の球体、箱庭
紅葉…風の刃、傀儡、眠らせるなど多数
紫織…魂の「剥離」、風の刃、箱庭
影臣…魔力をこめた拳、身体能力の強化、相手の魔力の消滅

八坂総合病院での『研究』[編集]

古来より人類は不老不死に憧れ、様々な研究を重ねてきた。八坂総合病院の先代院長・八坂甚五郎も例外ではない。甚五郎はいかに自分自身を不老不死にするか執着し、自身の経営する病院の地下室を舞台に医学的なものから超能力の研究、はたまた呪術的なものまで、あらゆる手を尽くしてきたという。研究には影臣や悠の父親も参加していた。 そんな中で甚五郎らが有力な方法として目を付けたのが、先の「魔術」に則り、自身の「」を老いていく身体から剥がし、より優れた人間に移し替え、魂の情報を書き換えるというものであった。その為に、魔術の素質のある者を八坂総合病院へ連れ、研究に当たらせ、実験と魂の分析を進めていった。 その研究・実験にあたり、魔術によって魂を自在に操る方法が採られた。魂を引き剥がす(魂の「剥離」)能力を持つ者・引き剥がした魂を一時的に溜め込む(魂の「保管」)能力を持つ者・引き剥がし溜め込んだ魂を他の人間に移し替える(魂の「定着」)能力を持つ者がいたという。当初は順調であった研究も、移した魂と元の身体の記憶が相容れなくなり、精神破綻を起こす被験者が増えてくるようになる。だが、甚五郎らはより完璧を求め、魂の細かな分析を進め、さらに研究に傾倒していった。 非人道的な研究に傾倒する甚五郎らがいた一方で、純粋に魂の研究に打ち込んでいた者もいた。籐矢の母・伏見鈴乃である。そんな中、愛息子の籐矢が交通事故にあい、重体で八坂総合病院に運ばれた。甚五郎は魂の「保管」の役目を籐矢に担わせること、新たな魂の「定着」を担う者の提供を条件に籐矢の命を救うことを鈴乃に持ちかけた。鈴乃は苦悩するも条件を飲み、籐矢と真姫奈を泣く泣く研究に差し出した。 そして事故は起こる。魂の移し替えに失敗した被験者が暴走し火の手があがり、八坂総合病院は炎に包まれ、多くの犠牲者を出した。甚五郎はほとんどの研究スタッフを失って不老不死の野望が潰え、一か月後に他界した。これで狂気の研究は終焉を迎えた、と思われていたのだが……

スタッフ[編集]

  • キャラクターデザイン・原画:むりりんこぶいち
  • シナリオ:天宮リツ
  • 音楽:Famishin、Angel Note
  • CG:煎路、モドキさん
  • ムービー制作:ろど
    • OP:Trust in me
    • ED:True drop
      • 作詞:霜月はるか
      • 作曲:Famishin
      • 編曲:R.EAST
      • 歌:霜月はるか

カウントダウンFLASH[編集]

発売日60日前から発売5日後まで、不定期に(29日前からは毎日)カウントダウンFLASHが公開された。そのFLASH中の作品紹介には、2ちゃんねるニコニコ動画などを介して広まったネタが数多く含まれている。さらに前作「ぶらばん! -The bonds of melody-」のヒロインである御影須美及び中ノ島妙が数度登場している。

関連商品[編集]

CD[編集]

  • E×Eオリジナルサウンドトラック
    • オープニング・エンディング曲フルバージョンと作品中で使われたBGM全25曲を収録。
  • 予約特典として、OP曲「Trust in me」のフルバージョン及びオフボーカルバージョンが収録されたマキシシングルが同梱されている。

ドラマCD[編集]

通販限定での特典。楽屋ネタではあるが、「私がなったあかつきには、女性スタッフの制服をミニスカートに」、「この種を食い殺せ」、「腸をぶちまけろ!」「設定年齢19歳。蟹座のB型。」など著作権ギリギリのパロディを取り入れている。

書籍[編集]

  • E×Eオフィシャルビジュアルファンブック
    • 描き下ろしイラスト、イベントCG、アニメカット、絵コンテ、スタッフインタビューなどが掲載されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]