一色ヒカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いっしき ヒカル
一色 ヒカル
プロフィール
愛称 ピカリン[1]
性別 女性
出生地 日本の旗 日本
活動
活動時期 1997年[2] -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

一色 ヒカル(いっしき ヒカル)は、日本の女性声優。主にアダルトゲームに声をあてている。

人物[編集]

小学生の頃、『銀河鉄道999』『宇宙戦艦ヤマト』などの松本零士作品のアニメが好きでよく見ていた[3]。『新竹取物語 1000年女王』の雑誌をプレゼントされ、中のインタビュー記事を見て「声優」の存在を知り、小学校の卒業アルバムでは「将来の夢 声優」と書いた[3][4]。中学時代はそれを忘れていたが、高校になってアニメ研究会の友人から養成所を教えてもらい、通い始めて「声優になる」と決意した[3]

デビュー作は1997年発売の『朱鷺色の末裔』(名前はクレジットされていない)[2]。一般的な一人録りではなく他の声優達と一緒の録音だったため、先輩の演技を見て盗んだり、キスシーンの音の出し方を教えてもらったりしたという[2]

よく酔いどれお姉さんの役を振られるため「酔いどれ声優」と呼ばれ、酔うシーンの演技では「もうちょっと抑えてください」と言われることもあるが、自身は酒に弱く少量ですぐ酔ってしまう[2][5]

愛称は「ピカリン」が定着しているが、本人は「ヒカルお姉様」と呼ばれたいとコメントしている[1]

「実妹は二色テカルとして近々声優デビュー予定」と公式ブログで発言したが、2007年エイプリルフールネタであった[6]

主な出演作品[編集]

太字は主役もしくはヒロイン。

アダルトゲーム[編集]

1997年[編集]

2000年[編集]

2001年[編集]

2002年[編集]

2003年[編集]

2004年[編集]

2005年[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

発売日不明[編集]

コンシューマーゲーム[編集]

同人ソフト[編集]

  • 誰が殺したコマドリを(卯木 小鳥[40]
  • 強姉 -つよあね-(聡美

OVA[編集]

ドラマCD[編集]

  • 明日の君と逢うために ドラマCD 「晴れ、ときどき幸せ」(御風 里佳
  • あまぞねすドラマCD vol.1「れでぃふぁい♥」
  • あまぞねすドラマCD vol.2「もっともっとれでぃふぁい」
  • ドラマCD 巨乳家族(宗氏 かなめ)
  • 姉、ちゃんとしようよっ!2(犬神 帆波)
  • Dies irae Verfaulen segen(ジェーン・ドゥ)
  • 仙獄学艶戦姫ノブナガッ!〜淫華繚乱、水着大戦!〜 限定版(織田〈希莉香〉信長)
  • 「いぐぅ!?さっきまで死ねばいい最低の屑だったのに?」※同人

インターネットラジオ[編集]

その他[編集]

  • 忙しい人のための幻想郷シリーズ(藤原妹紅

コラム[編集]

  • 「ヒカルお姉さまの今日も晴れのち晴れ!! SEASON 2」(PUSH!! 2009年7月号〜2010年12月号)

出典・脚注[編集]

(18歳未満閲覧禁止のサイトを含みます)

[ヘルプ]
  1. ^ a b アケミとマリカのがっちゅみりみり放送局」 第64回:第3回居酒屋収録後編(2005年1月20日放送)1h35m25s-1h36m00s,『アケミとマリカのがっちゅみりみり放送局 the BEST 4』
  2. ^ a b c d e PUSH!!(2009年8月号) p.176.
  3. ^ a b c アケミとマリカのがっちゅみりみり放送局」 第33回放送(2003年9月1日) 8m19s-10m52s,『アケミとマリカのがっちゅみりみり放送局 the BEST』 Vol.2
  4. ^ TECH GIANでのインタビューより。
  5. ^ アケミとマリカのがっちゅみりみり放送局」 第64回:第3回居酒屋収録後編(2005年1月20日放送)1h34m09s-1h34m50s,『アケミとマリカのがっちゅみりみり放送局 the BEST 4』
  6. ^ 『ほめられてのびるらじおPP』第38回より。
  7. ^ きゃらしょ〜かい”. Team-Delta. 2011年7月30日閲覧。
  8. ^ MAGI official web site.”. MAGI. 2011年8月25日閲覧。
  9. ^ みみをすませば オフィシャルサイト”. 2012年2月14日閲覧。
  10. ^ エンドクレジットから
  11. ^ 『コンプティーク』2010年6月号、角川グループパブリッシング、103頁
  12. ^ 巫女さんといっしょ!〜イケナイご奉仕奮戦記〜”. 2012年1月13日閲覧。
  13. ^ 恋騎士 Purely☆Kiss”. エフォルダムソフト. 2011年7月19日閲覧。
  14. ^ Empress『STARLESS』”. Empress. 2011年11月1日閲覧。
  15. ^ PUSH!!』2011年10月号、マックス、68頁
  16. ^ 真剣で私に恋しなさい!S”. みなとそふと. 2011年9月20日閲覧。
  17. ^ ものべの - monobeno -”. Lose. 2011年11月23日閲覧。
  18. ^ プリズマティックプリンセス☆ユニゾンスターズ”. 2012年1月6日閲覧。
  19. ^ 英雄*戦姫”. 2012年1月21日閲覧。
  20. ^ しあわせ家族部”. 2012年2月12日閲覧。
  21. ^ Trick or Alice”. 2012年4月5日閲覧。
  22. ^ つぼい君のスイッチ!”. 2012年7月1日閲覧。
  23. ^ TECH GIAN』2012年9月号、エンターブレイン、70頁
  24. ^ あねいも Neo”. 2012年9月1日閲覧。
  25. ^ character”. 2012年9月2日閲覧。
  26. ^ 恋色マリアージュオフィシャルWebサイト”. 2012年10月17日閲覧。
  27. ^ 黄雷のガクトゥーン”. 2013年2月10日閲覧。
  28. ^ 中の人などいない! トーキョー・ヒーロー・プロジェクト”. 2013年9月6日閲覧。
  29. ^ グリザイアの楽園”. 2012年8月12日閲覧。
  30. ^ 『DENGEKI HIME』2012年10月号、アスキー・メディアワークス、145頁
  31. ^ お嬢様はご機嫌ナナメ”. 2013年1月14日閲覧。
  32. ^ パステルチャイム3 バインドシーカー”. 2013年1月14日閲覧。
  33. ^ 流星☆キセキ -SHOOTING PROBE->CHARACTER”. 2013年1月15日閲覧。
  34. ^ LOVESICK PUPPIES ~僕らは恋をするために生まれてきた~”. 2013年2月8日閲覧。
  35. ^ “[www.chuable.net/lbr/character/index.html ラブらブライド]”. 2013年2月9日閲覧。
  36. ^ 『ナイものねだりはもうお姉妹』特設サイト・キャラクター”. 2013年2月24日閲覧。
  37. ^ 登場人物”. 2013年3月16日閲覧。
  38. ^ 恋咲く都に愛の約束を ~Annaffiare~”. 2013年4月17日閲覧。
  39. ^ PSP専用美少女アドベンチャーゲーム『世界でいちばんNGな恋 ふるはうす』”. 2011年10月16日閲覧。
  40. ^ 誰が殺したコマドリを”. MS PICTURES. 2011年8月10日閲覧。
  41. ^ あねいも 第1章~Square Sisters~ (Milky) (18禁) [アニメ - Getchu.com]”. 2012年11月4日閲覧。
  42. ^ あねいも 第2章~Triangle Lovers~ (Milky) (18禁) [アニメ - Getchu.com]”. 2012年11月4日閲覧。

外部リンク[編集]