ユメミルクスリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユメミルクスリ
対応機種 Windows98/Me/2000/XP
発売元 ruf
ジャンル ダウナー系青春恋愛AVG
発売日 2005年12月22日
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
エンディング数 7
セーブファイル数 40
画面サイズ 800×600
BGMフォーマット PCM
キャラクターボイス あり(主人公以外)
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ あり
オートモード あり
テンプレートを表示

ユメミルクスリ』は、2005年12月22日rufから発売されたアダルトゲーム

あらすじ[編集]

何事もそつなくこなし、勉強遊びバイトもそれなりに…。楽しくないわけじゃないけれど、なんとなく退屈な日常を送っていた主人公・加々見公平。

ある時、彼は3人の風変わりな少女たちと出会う。

いずれ劣らぬ変わり者ぞろい。

「彼女たちと関わってはならない。“普通”の日常を続けたいのなら」。彼の本能は、そう警告するのだが…。

主要登場人物[編集]

加々見公平(かがみ こうへい)
本作品の主人公。心穏やかで純朴な普通の学生であるが、自分を取巻く日常に退屈している。
コンビニアルバイトをしている。
白木 あえか(しらき あえか)
柚木かなめ
転校生。自己紹介アピールに失敗して以降、クラスから浮いた(いじめられる)存在となっている。
桐宮 弥津紀(きりみや みづき)
声:一色ヒカル
生徒会長。容姿端麗、成績優秀だが、根がダメ人間である。将来を悩んでいる。
ケットシー・ねこ子
声:茶谷やすら
自称「夜の妖精」。繁華街で主人公と出会う。子供番組に出てくるようなメルヘンな服装をしていて、理屈の通らない発言を繰り返す。
自分は今、妖精の国へ帰る所だと公平にうちあけ、夜の繁華街をうろつく。
加々見 綾(かがみ あや)
声:七原ことみ
公平の義理のブラコン。攻略対象外のキャラクターではあるが、ちょっとエッチなCGは数枚用意されている。
南条 京香(なんじょう きょうか)
声:吉川華生
公平のクラスメイト。可愛いが人の輪の中心に収まらないと気がすまない性格で、押しが強い。あえかを虐める集団の中心的存在である。
公平は心の中で「アントワネット」という蔑称で呼んでいる。
狭山 みさき(さやま みさき)
声:理多
公平のクラスメイト。公平の隣の席に座っている。話はする程度で、それほど仲が良い訳ではない。
椿 弘文(つばき ひろふみ)
声:杉崎和哉
アルバイト先の先輩。容姿端麗、博識で心優しく、頼もしい先輩だがエロゲーオタクホモ
公平の中ではエロゲイという尊称で呼ばれている。
佐倉井 宏子(さくらい ひろこ)
声:???
図書委員の女の子。
薬師寺 概人
不良生徒で、現在停学中である。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「せかいにさよなら」
作詞:MYU / 作曲:Funczion / 歌:Marica

外部リンク[編集]