終末の過ごし方 -The world is drawing to an W/end-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
終末の過ごし方 -The world is drawing to an W/end-
対応機種 Windows95/98/2000/me/XP
MSX2+/turbo R
DVDPG
発売元 アボガドパワーズ(PC版)
終末の過ごし方forMSX製作実行委員会(MSX版)
N43 Project(DVDPG版)
ジャンル スクリプトノベルAVG
発売日 1999年4月9日(CD版)
2003年4月24日(DVD版)
2003年11月30日(MSX版)
2005年5月27日(DVDPG版)
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
エンディング数 5
メディア CD-ROM枚(CD版)
DVD-ROM(DVD版,DVDPG版)
3.5'FD8枚(MSX版)
画面サイズ 640×480 16bit(PC版)
スクリーン12{256×212 固定19268色}(MSX版)
BGMフォーマット CD-DA(CD版)
PCM(DVD版)
PSG(MSX版)
キャラクターボイス なし(PC版,MSX版)
あり(DVDPG版)
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ あり
オートモード なし

終末の過ごし方 -The world is drawing to an W/end-』(しゅうまつのすごしかた ザ ワールド イズ ドローイング トゥ アン ウィークエンド)は、1999年4月9日に発売されたスクリプトノベルAVG。2003年にはDVD版とMSX版、更に2005年にはDVDPG版が発売され、フルボイス化もされた。

キャッチコピーは「―次の週末に人類は滅亡だ。」「私がこの世界でする―最後の約束」。

概要[編集]

制作期間は約3か月。それゆえにプレイ時間の短さがネックとなっているが、パステル調のグラフィックや透明感あふれるBGM、そして丹念に練りこまれたシナリオにより独特の終末感漂う雰囲気を生み出すことに成功している。

ヒロインは全員眼鏡っ子であり、主要男性キャラクターも含めて眼鏡着用率が高い。

ストーリー[編集]

―次の週末に人類は滅亡だ。

あと1週間で世界は滅亡を迎えてしまう…そのような状況でも、人間はわずかに残された時で日常を繰り返してしまう。主人公や他の登場人物たちも例外ではなく、生徒が1割ほどになってしまった学校[1]を舞台に学生生活を続けている。日常の残滓の中で、彼らは自分の終末の過ごし方を見つけていく。

…しゅうまつ、あいてる?

登場人物[編集]

音声はDVD-PG版のもの。

耕野知裕(こうのちひろ)
本作の主人公。無気力な性格だが、優劣を決められるのは苦手。
宮森香織(みやもりかおり)
声:楠鈴音
知裕の元恋人。上品な雰囲気を漂わせているが、"いい子"にみられるのが苦手であり、性行為抜きの援助交際を繰り返してきた。
大村いろは(おおむらいろは)
声:韮井叶
知裕の知人である天文部員。心臓の病気の為、1年生の時に休学しているため、実際は知裕らより1学年上である。ペースメーカーを使用しているが、留年を経験して以来、ペースメーカーの電池交換を拒否している。
感情表現が苦手なため協調性がないように思われている。
敷島緑(しきしまみどり)
声:一色ヒカル
知裕の幼馴染だが、彼を呼び捨てにするためよく思われていない。暗いところで本を読む癖があるが、それが原因で視力を落としてはいない。
大塚留希(おおつかるき)
声:児玉さとみ
知裕らの学校の校門に保健室の看板を立てかけて、「街の保健室」を運営している女性。7年間付き合っていた恋人がおり、別れた後も週末のどさくさに紛れてその恋人から色々なものをもらっていた。
瑞沢千絵子(みずさわちえこ)
声:榎津まお
稲穂歌奈(いなほかな)
声:金田まひる
松原重久(まつばらしげひさ)
知裕が知り合った、詩人を自称する風来坊。
竹岡多弘(たけおかたひろ)
知裕の知人。

スタッフ[編集]

  • プログラム:浦和雄
  • シナリオ:大槻涼樹
  • 原画:小池江里加(現:小池定路
  • 音楽:矢野雅士

関連書籍[編集]

  • 終末の過ごし方オフィシャルアートワークス
    • 1999年7月発売。ISBN 9784881996201。CD版発売後に新声社より刊行された直後に同社が倒産したため、アボガドパワーズには印税が入らないままだった。
    • DVD版に「終末の過ごし方オフィシャルアートワークス復刻改訂版」として同梱されている。改訂版はCGへの修正が施されているなどの原版との差異があり、エンターブレインの著作権表示がされている。
  • 終末の過ごし方(パラダイムノベルス)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CD版では「高校」、それ以外では倫理基準が変更されたために「学園」となっている。また、CD版では主要キャラクターの年齢も表記されていた。