CL (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CL
CL HelloBitches Profile 200px.jpg
基本情報
出生名 李 彩麟
生誕 (1991-02-26) 1991年2月26日(28歳)
大韓民国の旗 大韓民国ソウル特別市
ジャンル K-POPヒップホップポップ
職業 ラッパー、歌手ダンサー
担当楽器
活動期間 2006年 - 現在
レーベル YGエンターテインメント
共同作業者 2NE1BIG BANG
 CL
各種表記
発音: シエル
日本語読み: しーえる[1]
各種表記(本名)
ハングル 이채린
漢字 李彩麟
発音: イチェリン
ローマ字 Lee Chae-rin
文化観光部2000年式
MR式
I Chaerin
I Ch'aerin
テンプレートを表示

イ・チェリン이채린[2]Lee Chae-rin1991年2月26日[3] - )はCL(シーエル[1][4] - )の芸名で知られる韓国女性ラッパー歌手ダンサーである[5]英語フランス語韓国語日本語を流暢に話す。

彼女はソウル市で生まれた。幼少期のほとんどは韓国で過ごさず、フランス日本に住んでいた[6]。2009年にYGエンターテインメントからパク・サンダラコン・ミンジパク・ボムと共に、アイドルグループ「2NE1」としてデビューした[7]

彼女はこれまでにBIG BANGオム・ジョンファテディ・パクなどと共演した。2009年11月に発売されたミンジとのシングル「Please Don't Go」はガオンチャートで最高5位を記録した。

人生と歌手経歴[編集]

生い立ち[編集]

イ・チェリンは韓国ソウル特別市で生まれた。物理学教授だった父親の仕事の都合で、幼少期は様々な場所に引っ越した。過去に日本、フランス、アメリカ合衆国で暮らしたこともある。そこで彼女は日本語フランス語英語を学んだ。10代の時に彼女の家族はYGエンターテインメントの2006年オーディションの為に再び韓国で暮らし始めた。

2007年 - 2008年:初期の経歴[編集]

CLの最初のレコーディングはBIG BANGの2007年の曲「Intro (Hot Issue)」でのフィーチャリングアーティストとしての参加だった。同年、YGエンターテインメント所属のアーティスト全員が参加したSBS歌謡大典』でステージデビューを果たした[8]2008年オム・ジョンファの曲「DJ」にラッパー参加[9]。ヒップホップデュオYMGAの「What」にYGファミリーの一員として参加。

2009年 - 現在:2NE1のデビューと「Please Don't Go」[編集]

2009年、同じYG所属のパク・サンダラコン・ミンジパク・ボムと共に2NE1として、BIG BANGとのコラボ曲「Lollipop」でデビューした[10]。曲は商業的に成功を収めたが、グループが単独で存続することが出来るかどうかの疑問が噴出した。同曲の後でグループは公式デビューシングル「Fire」を発表し、5月度の1位を獲得した[11] 。2枚目のシングル「I Don't Care」、EP『2NE1』も同様の成功を収めた[12]

「I Don't Care」のプロモーションの後、グループは一時的に活動を停止した。そして、メンバーそれぞれがソロ活動を開始した。最初にCLはダラとのシングル「Kiss」を発表した。シングルは韓国のガオンチャートで最高5位を記録した[13]。次にミンジとのシングル「Please Don't Go」を発売、11月末までに同チャートで最高6位に入った[14]。2010年2月13日、シングル「Follow Me」でグループ活動を再開[15]。同年9月にグループ初のスタジオアルバム『To Anyone』を発売。アルバムは5日で10万枚を売り上げるなど商業的に大きな成功を収めた[16]

音楽性と影響[編集]

彼女は2NE1の楽曲では主にラップを担当している[17]。2NE1のプロデューサーである1TYMのリーダーテディ・パクとかつて共演したオム・ジョンファ[18]、アメリカの歌手マドンナローリン・ヒル[6]を自身のインスピレーションとして挙げている。

私生活[編集]

身長162cm。信仰する宗教天主教[4]。特技はフランス語英語日本語[3]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

題名 最高順位 アルバム
KOR
[14]
2009年 "Please Don't Go" (with ミンジ) 1 TO ANYONE
フィーチャリング
2009年 Kiss (ダラ feat. CL) 1 TO ANYONE

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “PROFILE” (日本語). 2NE1 avex official website (エイベックス・グループ). http://www.avexnet.or.jp/2ne1/profile/ 2010年12月20日閲覧。 
  2. ^ 2NE1 Official Home Page” (Korean). yg-2ne1.com. YGエンターテインメント (2009年3月27日). 2009年6月24日閲覧。
  3. ^ a b “2NE1”. WOW!Korea. http://www.wowkorea.jp/profile/400230.html 
  4. ^ a b “2NE1”. Innolife. http://contents.innolife.net/lista.php?ac_id=28&ai_id=10740 
  5. ^ CL at Naver Music” (Korean). Naver Music. NHN Corp. 2010年11月13日閲覧。
  6. ^ a b Park, Mi-ae (2009年5月22日). “CL, "데모 테이프 들고 무작정 YG 문 노크"” [CL, "knocked on the YG Entertainment door to hand in my demo tape"] (Korean). eDaily SPN. eDaily. 2010年11月23日閲覧。
  7. ^ Female Big Bang to be Unveiled”. KBS Global. Korea Broadcasting System (2009年3月25日). 2010年11月13日閲覧。
  8. ^ “個性満点の2NE1、初めての写真公開”. Innolife. (2009年4月6日). http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=7&ai_id=97188 
  9. ^ Uhm Jung Hwa 2008 Mini Album - D.I.S.C.O”. YesAsia.com. YesAsia.com. 2010年11月13日閲覧。
  10. ^ Lee, Du-na (2010年3月26日). “'여자빅뱅' CF통해 모습 공개한다” ['Female Big Bang' first shown through commercial] (Korean). uKopia News. uKopia Inc.. 2010年11月6日閲覧。
  11. ^ Cho, Hyun-u (2009年4月14日). “빅뱅에 숟가락 얹은 ‘2NE1’ 성공할 수 있을까?” [Big Bang's helping hand for '2NE1', can they succeed?] (Korean). Kukinews. Kukminilbo Kukinews. 2010年11月6日閲覧。
  12. ^ Gaon Chart Search: 2NE1” (Korean). Gaon Chart. Korea Music Content Industry Association. 2010年10月30日閲覧。
  13. ^ Gaon Chart Search: 다라” [Gaon Chart Search: Dara] (Korean). Gaon Chart. Korea Music Content Industry Association. 2010年11月13日閲覧。
  14. ^ a b Gaon Chart Search: CL” (Korean). Gaon Chart. Korea Music Content Industry Association. 2010年11月13日閲覧。
  15. ^ Park Se-yeon (2010年2月9日). “2NE1 오늘(9일) 게릴라 신곡 깜짝공개 ‘날 따라 해봐요’” [2NE1 releases geurilla surprise single today, 'Follow Me'] (Korean). Joongang News. Jcube Interactive Inc.. 2010年11月6日閲覧。
  16. ^ Moon, Wa-sik (2010年10月7日). “2NE1, '엠카' 1위..컴백 1달, 음악프로 1위 9번” [2NE1, first place comeback] (Korean). Star News. MoneyToday. 2010年11月13日閲覧。
  17. ^ Member Profile: CL” (Japanese). 2NE1 Japanese Website. YG Entertainment. 2010年11月13日閲覧。
  18. ^ Park Yeong-ung (2010年10月13日). “"박봄은 비욘세?"..2NE1이 밝힌 롤모델은?” ["Park Bom and Beyoncé?" Who are 2NE1's role models?] (Korean). Star News. MoneyToday. 2010年11月13日閲覧。

外部リンク[編集]