CHLOE/クロエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
CHLOE/クロエ
Chloe
監督 アトム・エゴヤン
脚本 エリン・クレシダ・ウィルソン
製作 ジョー・メジャック
アイヴァン・ライトマン
製作総指揮 ジェイソン・ライトマン
出演者 ジュリアン・ムーア
アマンダ・セイフライド
リーアム・ニーソン
音楽 マイケル・ダナ
撮影 ポール・サロシー
編集 スーザン・シプトン
製作会社 Montecito Picture Company
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
日本の旗 ブロードメディア・スタジオ/ポニーキャニオン
公開 カナダの旗 2009年9月13日TIFF
アメリカ合衆国の旗 2010年3月26日
日本の旗 2011年5月28日
上映時間 96分
製作国 フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 $14,000,000[1]
興行収入 $11,702,642[1]
テンプレートを表示

CHLOE/クロエ』(原題: Chloe)は、アトム・エゴヤン監督による、2009年製作の映画。2004年に公開された、アンヌ・フォンテーヌ監督による映画『恍惚』(原題: Nathalie...)のリメイク作品。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
クロエ アマンダ・サイフリッド 佐古真弓
デヴィッド・スチュアート リーアム・ニーソン 菅生隆之
キャサリン・スチュアート ジュリアン・ムーア 深見梨加
アンナ ニーナ・ドブレフ 河出侑子
マイケル・スチュアート マックス・シエリオット 下野紘
フランク R・H・トムソン 相沢まさき

評価[編集]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは146件のレビュー中51%が本作を支持し、平均点は5.7/10となった[2]Metacriticでは33名の批評家レビューに基づいて48点となった[3]

製作[編集]

  • 本作の撮影期間中に、リーアム・ニーソンの妻ナターシャ・リチャードソンがスキー事故で脳死状態になり、ニーソンは妻のもとに駆けつけるため撮影を中断した。ニーソンが不在のため、脚本を変更した[4]。妻の死後から一週間後、ニーソンは残りのシーンを撮影するためセットに戻った[5]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Chloe (2010)”. Box Office Mojo. 2011年5月22日閲覧。
  2. ^ Chloe”. Rotten Tomatoes. 2012年2月1日閲覧。
  3. ^ Chloe Reviews, Ratings, Credits”. Metacritic. 2012年2月1日閲覧。
  4. ^ Onstad, Katrina (2009年8月30日). “Adapting to Life's Change, on Screen and Off”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2009/08/30/movies/30onst.html?pagewanted=all 
  5. ^ CA. “Director Atom Egoyan praises grieving Liam Neesons professionalism - Entertainment - Arts”. The Journal Pioneer. 2012年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]