CHLOE/クロエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CHLOE/クロエ
Chloe
監督 アトム・エゴヤン
脚本 エリン・クレシダ・ウィルソン
製作 ジョー・メジャック
アイヴァン・ライトマン
製作総指揮 ジェイソン・ライトマン
出演者 ジュリアン・ムーア
アマンダ・セイフライド
リーアム・ニーソン
音楽 マイケル・ダナ
撮影 ポール・サロシーフランス語版
編集 スーザン・シプトンフランス語版
製作会社 スタジオカナル
Montecito Picture Company
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ クラシックス
日本の旗 ブロードメディア・スタジオ/ポニーキャニオン
公開 カナダの旗 2009年9月13日TIFF
アメリカ合衆国の旗 2010年3月26日
日本の旗 2011年5月28日
上映時間 96分
製作国 フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 $14,000,000[1]
興行収入 $11,702,642[1]
テンプレートを表示

CHLOE/クロエ』(原題: Chloe)は、アトム・エゴヤン監督による、2009年製作の映画。2004年に公開された、アンヌ・フォンテーヌ監督による映画『恍惚』(原題: Nathalie...)のリメイク作品。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
クロエ アマンダ・サイフリッド 佐古真弓
デヴィッド・スチュアート リーアム・ニーソン 菅生隆之
キャサリン・スチュアート ジュリアン・ムーア 深見梨加
アンナ ニーナ・ドブレフ 河出侑子
マイケル・スチュアート マックス・シエリオット 下野紘
フランク R・H・トムソン英語版 相沢まさき

評価[編集]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは146件のレビュー中51%が本作を支持し、平均点は5.7/10となった[2]Metacriticでは33名の批評家レビューに基づいて48点となった[3]

製作[編集]

  • 本作の撮影期間中に、リーアム・ニーソンの妻ナターシャ・リチャードソンがスキー事故で脳死状態になり、ニーソンは妻のもとに駆けつけるため撮影を中断した。ニーソンが不在のため、脚本を変更した[4]。妻の死後から一週間後、ニーソンは残りのシーンを撮影するためセットに戻った[5]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Chloe (2010)”. Box Office Mojo. 2011年5月22日閲覧。
  2. ^ Chloe”. Rotten Tomatoes. 2012年2月1日閲覧。
  3. ^ Chloe Reviews, Ratings, Credits”. Metacritic. 2012年2月1日閲覧。
  4. ^ Onstad, Katrina (2009年8月30日). “Adapting to Life's Change, on Screen and Off”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2009/08/30/movies/30onst.html?pagewanted=all 
  5. ^ CA. “Director Atom Egoyan praises grieving Liam Neesons professionalism - Entertainment - Arts”. The Journal Pioneer. 2012年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]