A129 マングスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

A129 マングスタ

A129CBT マングスタ

A129CBT マングスタ

A129 マングスタ(A129 Mangusta)は、アグスタ社が開発した、イタリア初の本格的な攻撃ヘリコプターである。マングスタはイタリア語で動物「マングース」を意味する。

これまでにコソボイラクアフガニスタンなどの紛争地域に派遣されている。

開発[編集]

イタリア陸軍1972年に発表した新世代攻撃ヘリコプター計画に基づいて、1978年3月からアグスタ社とローンチ社が開発を行った。1980年に機体の最終仕様がまとめられ、1982年11月30日に詳細設計作業が完了した。

試作機は5機製作され、試作初号機は1983年9月11日に初飛行し、以後1984年7月1日に試作2号機、同年10月4日に試作3号機、1985年5月27日に試作4号機、1986年3月1日に試作5号機が初飛行している。

イタリア陸軍では1987年末までに60機の調達を計画していたが、飛行試験でトラブルが続発して計画が大幅に遅延したため、量産機の引き渡しが開始されたのは1990年7月になってからだった。

製造元のアグスタ社ではA129の輸出販売を行ってきていたが、マクドネル・ダグラス社(現ボーイング社)のAH-64 アパッチユーロコプター社のティーガーと比べて設計が古く、性能的にも幾分見劣りするため、長らく海外での採用国は現れなかったが、2007年トルコ陸軍AH-1W スーパーコブラの後継機として採用し、51機が発注されている。

機体構成[編集]

ローター

機体には複合素材を多用し、胴体重量の約45%が炭素繊維強化プラスチックをはじめとする複合素材が占め、機体表面では約70%が複合素材となっている。また、メインローター・ブレードは、12.7mm弾の直撃にも耐えられる耐弾性を備えている。

エンジンは、ロールス・ロイス ジェムMk.2-1004D ターボシャフトエンジン2基を胴体上部側面の左右に各1機ずつ搭載し、離陸最大出力は657kW、連続最大出力は615kWで、片発停止の場合などには759kWの緊急出力が出せるほか、飛行が安定すれば704kWの片発時継続出力で飛行する。エンジンは胴体の中央両側面にポッド式で装備し、一度に2基とも被弾する可能性を避けている。

コックピットは前後2席の配列で、前席に射手、後席には操縦士が着席する。飛行操縦装置にはデジタル式の多重システムが用いられ、操縦、航法、飛行管理、兵装制御、自動操縦、トランスミッション・モーター、エンジン状態、燃料/油圧/電気システム、警報/警戒システムを完全に統合している。

ミサイル防御用には、レーダー妨害装置レーダー警戒装置レーザー警戒装置、赤外線妨害装置、チャフ/フレア放出機などを装備する。

固定武装はA129には搭載されず、A129CBTでは機首下部に20mm機関砲1門が装備される。機体側面のスタブウィングには片側2箇所のハードポイントがあり、対戦車ミサイルロケット弾ポッドなどを装備できる。

改良型の開発[編集]

イタリア陸軍では当初、計画で60機の調達を予定していたが、これとは別に30機を索敵・対ヘリコプター攻撃機としての装備を計画した。しかし、国防予算削減の憂き目に遭い計画はキャンセルされ、代わりにマルチロール・タイプの開発が行われた。

マルチロール・タイプでは主にメインローターが4枚から5枚に増やされ、機首下部にも機関砲ターレットが設置されたほか、AIM-92 スティンガー空対空ミサイルスタブウィングに装備できるようにされている。

このマルチロール・タイプは量産46号機から生産が切り替えられ、1999年からイタリア陸軍へ配備された。

型式[編集]

A129
戦車攻撃型。
A129CBT
マルチロール型。
T129
トルコ陸軍用輸出型。TAIでライセンス生産されている。
A129インターナショナル
輸出型。LHTEC T800 エンジンを搭載。

性能・主要諸元[編集]

A129の三面図

参考資料[編集]

関連項目[編集]