M197機関砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M197機関砲
Gatling gun M197-uh1d20mm.jpg
運用史
配備期間 1967年-現在
配備先 アメリカ海兵隊
開発史
製造業者 ジェネラル・ダイナミクス
諸元
弾丸 20x102mm
口径 20mm
銃砲身 3本
発射速度 730rpm

M197機関砲は、もともとアメリカ陸軍ガンシップに搭載して運用するために開発された電動式3砲身ガトリング砲である。

概要[編集]

M197の開発は、ベトナム戦争中の1967年に始まった。このころ、武装ヘリコプターの運用が本格的に開始され、自動火器武装したガンシップでは、7.62mmのM134 ミニガンだけでは火力不足であることが指摘されていた。M197は、M61 バルカン砲身を6から3に減少させることによる軽量化版として開発された。射撃レートはM61の4分の1以下となるが、これは、反動を大幅に低下させ、ヘリコプター軽航空機に搭載するのにはかえって適した特長となった。弾丸は、M61と共通のM50およびPGUシリーズを用いる。

M197が実戦配備されたのはAH-1 コブラの配備後であり、登場後すぐに機首下面のユニバーサルターレットに搭載された。また、海兵隊OV-10 ブロンコCOIN機の胴体下面砲塔にも搭載されている。GPU-2/A ガンポッドのベースにもなり、これは、当該機関砲電池・駆動モーター、そして、300発のリンクレス弾薬を搭載している。

AH-1の場合、700発のベルトリンク弾薬が弾倉から供給され、給弾システム内の弾薬とあわせて750発の弾丸を携行する。射撃レートは1分間に650発。射撃訓練では通常、30-50発のバースト射撃を行う。

M197は、攻撃ヘリコプターAH-1W スーパーコブラ後期型においても使用され続けている。しかし、この機関砲の動作機構は論理的には非常に頼もしいが、当初は海兵隊のパイロットにより、高い頻度での排莢不良が発生することが報告されていた(最大で30%以上にもおよんだ)。海兵隊およびメーカーはこの問題に気づき、AH-1Z ヴァイパーではこの問題への対処を行い、AH-1Wでは問題をいくらか改善させた。その間、乗員にはジャムのリスクを最小化する訓練が行われた。

この兵器の現在の生産者は、ジェネラル・ダイナミクスである。

弾薬[編集]

名称 種類 弾丸重量 [g] 炸薬量 [g] 砲口初速 [m/s] 詳細
M53 徹甲焼夷弾(API) ? 4.2g 燃焼剤[1] 1,030 距離100m、傾斜25度で20mmの装甲板を貫通できる。

距離1,000m以内で垂直に着弾した場合、RHA換算で6.3mmの貫徹能力を持つ[1]

M56A3/A4 焼夷榴弾(HEI) 102[2] 9g 高性能炸薬RDX/wax/Al)および1.5g燃焼剤[2][1] 1,030 先端部に信管曳光弾ではない。生身の人間への有効殺傷半径は2m[1]。破片は20m飛翔しても危険である[2]。距離100mからの垂直着弾でRHA換算12.5mmの貫徹能力を持つ[1]
M242 曳光焼夷榴弾(HEI-T) ? ? ? M56シリーズの焼夷榴弾とよく似た弾薬だが、こちらは曳光弾である[1]
M246 曳光焼夷榴弾(HEI-T) 102[2] 8.0g 高性能炸薬[2] ? 弾頭信管付き曳光弾。M168対空砲で用いられる。曳光弾として燃焼後2、3秒後にそれが溶け落ちることで炸裂する。
M940 多目的曳光弾-自爆機能付き(MPT-SD) 105[2] 9g A-4/RDX/wax[2] 1,050 衝撃で先端の燃焼剤に点火され、高性能炸薬に点火される。曳光弾が溶け落ちることで自爆する。518mからの垂直着弾ではRHA換算で12.5mm、940mからの着弾角60°では6.3mm[1]

登場作品[編集]

映画[編集]

シン・ゴジラ
木更津駐屯地所属する、陸上自衛隊の[AH-1 コブラ#日本|AH-1S]]が使用。第4形態のゴジラに対し発砲するが、特に効果は見られなかった。
宣戦布告
陸上自衛隊のAH-1Sが、某国特殊部隊が潜む山小屋に向けて発砲する。

アニメ・漫画[編集]

代紋TAKE2
陸上自衛隊AH-1Sに搭載されて登場する。ビルの屋上で女性を襲っていた暴漢らに対し、音声による警告を行うが効果がなかったため、給水塔に向けて威嚇射撃を行う。
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
自衛隊特地派遣方面隊のAH-1Sに搭載されて登場。イタリカを襲撃する盗賊団に対して使用される。
最臭兵器
陸上自衛隊のAH-1Sに搭載されているものが、出撃時にアップで映る。
ジパング
第二次世界大戦時にタイムスリップした架空のイージス護衛艦みらい」に搭載されている、架空の艦載機海鳥」の搭載機銃として登場。二式水上戦闘機A-20に、視認照準装置を用いた正確な射撃を行う。

小説[編集]

『日本北朝鮮戦争 竹島沖大空海戦』
陸上自衛隊AH-1Sに搭載されて登場し、北朝鮮工作員に対して猛烈な機銃掃射を行う。

ゲーム[編集]

Wargame Red Dragon
「M197 Vulcan」の名称で登場する。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g "20-Millimeter at aircav.com, http://www.aircav.com/cobra/ammo20.html
  2. ^ a b c d e f g ORDATA: Ordnance Identification Tool, http://maic.jmu.edu/ordata