中腎管

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2021年2月28日 (日) 05:12; SeitenBot (会話 | 投稿記録) による版 (Botによる: {{Normdaten}}を追加)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

中腎管(ちゅうじんかん、: Mesonephric duct)またはウォルフ管: Walffian duct)は、脊椎動物発生途中にできる管。

概要[編集]

中腎管は、雄の場合に第一次性徴で雄性生殖器へと発達する。雌では第一次性徴で退化し、かわりに中腎傍管(ミュラー管)が発達して雌性生殖器が形成される。

羊膜類では、中腎管の後方において腎管芽(ureteric bud)から後腎(metanephros)が形成される。

脚注[編集]

[脚注の使い方]